このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

演習ファイルのダウンロード

不連続サブネット問題(RIP)その1

 RIPは、クラスフルルーティングプロトコルです。ルーティングアップデートの情報の中にサブネットマスクの情報を含めません。

そのため、下図のように、不連続のサブネットを配置した環境では、うまくルーティングを行うことができません。

 RIPは、そもそも、クラスフルルーティングプロトコルなので、サブネット分割したネットワーク環境下では、ルーティングを行うことができません。

しかし、下図のように連続したサブネットを配置した環境では、ルーティングを行うことができます。

 それは、受信した経路情報が自分のインタフェースに設定されたメジャーネットワークアドレスが同じならば、自インタフェースに設定されたサブネットマスクを適用するからです。

 しかし、ルーティングアップデートの情報の中にサブネットマスクの情報を含めないで、ルーティングを行うには、限界があります。

 それでは、下図の不連続なサブネットを配置したネットワークをRIPで構築して、不連続サブネットにおける問題を検証していきます。

各ルータの設定

各ルータの設定は、以下のようになります。ネットワークは、RIPによるルーティングを行うように設定します。

各ルータの基本コンフィグは、以下のとおりです。

●R1のコンフィグ
enable
conf t
hostname R1
int s0/0/0
ip address 10.0.0.2 255.255.255.252
clock rate 64000
bandwidth 64
no shutdown
int s0/0/1
ip address 20.0.0.1 255.255.255.252
clock rate 64000
bandwidth 64
no shutdown
router rip
network 10.0.0.0
network 20.0.0.0
end
copy run start

●R2のコンフィグ
enable
conf t
hostname R2
int lo0
ip address 172.16.0.1 255.255.255.0
int lo1
ip address 172.16.1.1 255.255.255.0
int lo2
ip address 172.17.0.1 255.255.255.0
int lo3
ip address 172.17.1.1 255.255.255.0
int s0/0/0
ip address 10.0.0.1 255.255.255.252
bandwidth 64
no shutdown
int s0/0/1
ip address 30.0.0.1 255.255.255.252
bandwidth 64
no shutdown
router rip
network 10.0.0.0
network 30.0.0.0
network 172.16.0.0
network 172.17.0.0
end
copy run start

●R3のコンフィグ
enable
conf t
hostname R3
int lo0
ip address 172.16.2.1 255.255.255.0
int lo1
ip address 172.16.3.1 255.255.255.0
int lo2
ip address 172.17.2.1 255.255.255.0
int lo3
ip address 172.17.3.1 255.255.255.0
int s0/0/0
ip address 20.0.0.2 255.255.255.252
bandwidth 64
no shutdown
int s0/0/1
ip address 30.0.0.2 255.255.255.252
bandwidth 64
no shutdown
router rip
network 20.0.0.0
network 30.0.0.0
network 172.16.0.0
network 172.17.0.0
end
copy run start

この続きは、「不連続サブネット問題(RIP)その2」で検証していきます。

関連コンテンツ