配布リスト(ルートフィルタリングの種類)

ルートをフィルタリングするアプローチは、下のようにいくつかあります。

  • 配布リスト
  • プレフィックスリスト
  • ルートマップ
  • フィルターリスト

 どのリストとどのリストを組み合わせて使えばよいのかが、把握しにくいので下の表にまとめてみました。特にBGPでは、様々な方法でフィルタリングを行うことができます。

◆BGP
適用するコマンド リストを作るコマンド 特徴
distribute-list access-list ACLを使用したフィルタリング方式です。BGPのような、大規模ネットワークにおける経路制限には適していません。
prefix-list
(route-map)
ip prefix-list route-mapを使う方法は、フィルタリング制御というより、属性やメトリックの変更など、ポリシーを適用したい場合に利用します。
fiter-list
(route-map)
ip as-path accee-list route-mapを使う方法は、フィルタリング制御というより、属性やメトリックの変更など、ポリシーを適用したい場合に利用します。
◆RIP・IGRP・EIGRP・OSPF
適用するコマンド リストを作るコマンド 特徴
distribute-list access-list パケットのフィルタリングを行うACLを使用したフィルタリング方式です。実装は容易ですが、柔軟性に欠けます。また、大規模ネットワークにおける経路制限には適していません。
distribute-list prefix ip prefix-list リストの部分的な変更やマスク長の指定も可能でACLよりも柔軟にフィルタリング制御が可能。

BGPにおけるフィルタリングについては、以下のコンテンツなどで設定例を紹介しています。

ここでは、RIP、IGRP、EIGRP、OSPFにおける配布リストを使った設定例を紹介していきます。

次の「配布リストの設定」では、配布リストの設定方法を説明します。