BGP(MED属性とは)

 BGPでは、属性値を操作することで、優先パスを操作することができます。

 優先パスを操作する属性として、Local Preference属性やMED属性があります。

 ここでは、MED属性を紹介してゆきます。

 似たような属性にLocal Preference属性がありますが、使用する用途は異なります。

 優先パスを操作するという点に関しては、同じですが、優先パスを操作するアプローチのとり方が異なります。

 Local Preference属性については、「BGP(Local Preference属性とは)」で紹介しています。

まずは、これらの属性の特徴について下の表に示します。

MED属性Local Preference属性
着信トラフィックに影響を与える属性Local Preference属性は、発信トラフィックに影響を与える属性
外部ASのネイバールータに対して、自身のAS内への優先パスを示す。内部ASのネイバールータに対して、外部ASへの優先パスを示す。
外部ASから自身のASへ、どのパスを優先させるのかを指示する唯一の属性ルータ自身に設定する。
デフォルト値は、「0」デフォルト値は、「100」
低い値を持つパスが優先される。高い値を持つパスが優先され。
MED属性を加えた経路情報が伝わるのはは隣接するASまでで、その次のASには伝わらない。Local Preference値は、同一のAS内のルータ間でのみ交換され、発信トラフィックに影響する。

 「Local Preference属性」、「MED属性」の概要が理解できたところで、「MED属性」を設定していきます。

まずは、下のネットワークを構築します。

この続きは、次の「BGP(MED属性の設定 その1)」で、このネットワークを設定していきます。