BGP(基本設定 iBGP・eBGP確認)③

※Packet Tracer では、iBGPをサポートしていないため、BGPのごく一部の機能しか試すことができません。細かな機能の検証については、実機が必要です。ここでは、実機で検証した内容を紹介しています。

 検証に用いたルータは、Cisco2500シリーズのルータです。Cisco2500ルータは、中古で安く入手できるコストパフォーマンスに優れたルータです。

 ここでは、「BGP基本設定①」で構築したBGPネットワークを利用して、iBGP、eBGPの確認を行います。

BGPでは、

  • AS内ルーティングを行う内部BGP(iBGP)
  • AS間のルーティングを行う外部BGP(eBGP)

の2つの形態でルーティングを行っています。

つまり

●AS内部
 iBGPで、同じAS内のBGPスピーカーとピア張る。
●外部AS間
 eBGPで、各ASのBGPスピーカーとピアを張るようになります。

それでは、BGPのピアを確認してみます。

ルータのピア接続の詳細を確認するには、「show ip bgp neighbors」コマンドを使用します。

Router_Bで、「show ip bgp neighbors」コマンドを実行してみます。

Router_B#show ip bgp neighbors
BGP neighbor is 172.16.0.1,  remote AS 100, external link
 Index 1, Offset 0, Mask 0x2
  BGP version 4, remote router ID 172.16.0.1
  BGP state = Established, table version = 2, up for 00:24:59
  Last read 00:00:59, hold time is 180, keepalive interval is 60 seconds
  Minimum time between advertisement runs is 30 seconds
  Received 28 messages, 0 notifications, 0 in queue
  Sent 27 messages, 0 notifications, 0 in queue
  Connections established 1; dropped 0
Connection state is ESTAB, I/O status: 1, unread input bytes: 0
Local host: 172.16.0.2, Local port: 11001
Foreign host: 172.16.0.1, Foreign port: 179

(途中略)

BGP neighbor is 172.17.0.2,  remote AS 200, internal link
 Index 0, Offset 0, Mask 0x0
  BGP version 4, remote router ID 172.17.0.2
  BGP state = Established, table version = 2, up for 00:24:44
  Last read 00:00:44, hold time is 180, keepalive interval is 60 seconds
  Minimum time between advertisement runs is 5 seconds
  Received 27 messages, 0 notifications, 0 in queue
  Sent 28 messages, 0 notifications, 0 in queue
  Connections established 1; dropped 0
Connection state is ESTAB, I/O status: 1, unread input bytes: 0
Local host: 172.17.0.1, Local port: 11000
Foreign host: 172.17.0.2, Foreign port: 179

(以下省略)

上の黄色のマークから分かるように、

  • AS100へは、Router_A(172.16.0.1)とピアを張っている。
  • AS200へは、Router_C(172.17.0.2)とピアを張っている。

ことが確認できます。

また、

BGP neighbor is 172.16.0.1, remote AS 100, external link

から、Router_Aとは、eBGPでピアを張っていること

BGP neighbor is 172.17.0.2, remote AS 200, internal link

から、Router_Cとは、iBGPでピアを張っていることが分かります。

ここで、Router_Bで行ったBGPのピアの設定を思い出してみます。

Router_B(config-router)#neighbor 172.16.0.1 remote-as 100
Router_B(config-router)#neighbor 172.17.0.2 remote-as 200

 と設定しました。BGPのピアを設定する際に、eBGPでピアを張るのか、iBGPでピアを張るのかの指定は、特に行いませんでした。

Router_Bは、AS200に所属しています。

つまり、自分と同じASの時には、iBGPで、違うASの時には、eBGPで自動的にピアを確立するようになっています。

 次の「BGP(基本設定 next-hop-self )④」では、eBGPで学習した経路への「Next Hop」を自分のIPアドレスに変更して通知する方法を紹介します。