BGP基本設定①

※Packet Tracer では、iBGPをサポートしていないため、BGPのごく一部の機能しか試すことができません。細かな機能の検証については、実機が必要です。ここでは、実機で検証した内容を紹介しています。

 検証に用いたルータは、Cisco2500シリーズのルータです。Cisco2500ルータは、中古で安く入手できるコストパフォーマンスに優れたルータです。

ここでは、BGPを使って下図のネットワークを構築します。

BGPの設定は、様々な属性を与えて経路選択を操作することができるため、少々設定が複雑です。

もちろん、BGPの動作確認も行えます。

使用するネットワークは、下図になります。

今回のBGPの基本設定では、以下のことを行います。

・AS100内の「10.10.10.0/24」のルートをAS200に通知する。

 AS100内では、AS200へはデフォルトルート「0.0.0.0」を使って到達するようにします。これは、BGPの設定を簡略化するためです。今回、AS100では、AS200内のルートを扱いません。BGPでは、BGPで経路を学習しても、IGPで学習するまで有効にしないBGP同期という機能があるためです。

BGPの設定の流れ

1.BGPプロセスを有効にする。

Router(config)#rotuer bgp {AS