VRRPを設定する(その1)

レイヤ3スイッチを使用して、VRRPを実際に構築してみます。

内容は、「VRRPとは」の続きです。まだ、お読みでない方は、こちらを先にお読みください。

まずは、VRRPを設定するコマンドを把握しておきましょう!

●VRRPを設定するコマンド

ENABLE VRRP

VRRP(Virtual Router Redundancy Protocol)モジュールを有効にする。

CREATE VRRP=vr-identifier OVER=vlan-if IPADDRESS=ipadd [PRIORITY=1..254]

vr-identifier: バーチャルルーターID(VRID。1~255)
vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)
i
 バーチャルルーターID(VRID)、VLANインターフェース名、バーチャルIPアドレスの指定が必須。同一VLAN上に同じVRIDを持つバーチャルルーターを(異なる筐体上に)作成することで、全体で一つのバーチャルルーターとして機能するようになります。

PRIORITY(プライオリティ)のデフォルト値は、100です。

ADD VRRP=vr-identifier MONITOREDINTERFACE=vlan-if [NEWPRIORITY=1..254]

vr-identifier: バーチャルルーターID(VRID。1~255)
vlan-if: VLANインターフェース(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)

 を監視対象インターフェースを指定します。監視対象のVLANインターフェースがダウンすると、バーチャルルーターの優先度が引き下げられます。監視対象インターフェースが再びアップしたときは、優先度も元の値に復帰します。

 1つのバーチャルルーターに対して複数の監視インターフェースが設定し、複数のインターフェースが同時にダウンした場合は、最も小さいNEWPRIORITY値が採用されます。

 それでは、VRRPを用いたネットワークを構築してみましょう。レイヤ3スイッチを3台使用します。今回、SW1、SW4には、レイヤ3スイッチを使用していますが、レイヤ2スイッチや、HUBを使用しても代用できます。その場合は、PC1のデフォルトゲートウェイに、仮想IPの192.168.10.254を指定し、PC2のデフォルトとゲートウェイには、仮想IPの192.168.20.254を指定してください。

 SW2、SW3でVRRPを設定します。SW1のデフォルトルートには、仮想IPの192.168.10.254を指定し、SW4には、仮想IPの192.168.20.254を指定します。

 上の構成図は、下のように構築しても演習できます。手元にレイヤ3スイッチが4台ない場合は、下の構成図でチャレンジしてみてください。

図1でVRRPを使用したネットワークを構築します。

VRRPの設定で重要なのは、プライオリティの設定です。

PRIORITY(プライオリティ)値の高い方がマスタルータになります。

 SW2がマスタルータになるようにプライオリティを以下の表のように設定します。プライオリティ値のデフォルトの値は、100です。SW2のプライオリティを200に設定します。

プライオリティ VLAN10側プライオリティ VLAN20側
SW2200200
SW3100100

これで、PC1からPC2への通信経路は、下の図のように緑の太字の経路をたどるようになります。

PC1 → SW1 → SW2 → SW4 → PC2

の順でパケットは流れます。

続きは、次の「VRRPを設定する(その2)」で、この図1のVRRPネットワークを構築してみます。