VRRPを設定する(その2)

の続きです。

 構築するネットワークは、下の図になります。VRRPは、PRIORITY(プライオリティ)値の高い方がマスタルータになります。今回、SW2がマスタルータになるようにプライオリティを以下の表のように設定します。SW2のプライオリティを200に、SW3のプライオリティを100に設定します。デフォルトのプライオリティは、100です。

プライオリティ VLAN10側プライオリティ VLAN20側
SW2200200
SW3100100

クライアントのデフォルトゲートウェイの設定は、仮想IPアドレスを指定して下さい。

PC1のデフォルトゲートウェイ : 192.168.10.254
PC2のデフォルトゲートウェイ : 192.168.20.254

●SW1のコンフィグ

create vlan=vlan10 vid=10
add vlan=vlan10 port=1-8

enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.251 mask=255.255.255.0

add ip route=0.0.0.0 int=vlan10 nexthop=192.168.10.254

●SW2のコンフィグ

create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20

add vlan=vlan10 port=2,4,6,8
add vlan=vlan20 port=1,3,5,7

enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.252 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.252 mask=255.255.255.0

enable vrrp
create vrrp=10 over=vlan10 ip=192.168.10.254 priority=200
create vrrp=20 over=vlan20 ip=192.168.20.254 priority=200

●SW3のコンフィグ

create vlan=vlan10 vid=10
create vlan=vlan20 vid=20

add vlan=vlan10 port=2,4,6,8
add vlan=vlan20 port=1,3,5,7

enable ip
add ip int=vlan10 ip=192.168.10.253 mask=255.255.255.0
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.253 mask=255.255.255.0

enable vrrp
create vrrp=10 over=vlan10 ip=192.168.10.254 priority=100
create vrrp=20 over=vlan20 ip=192.168.20.254 priority=100

●SW4のコンフィグ

create vlan=vlan20 vid=20
add vlan=vlan20 port=1-8

enable ip
add ip int=vlan20 ip=192.168.20.251 mask=255.255.255.0

add ip route=0.0.0.0 int=vlan20 nexthop=192.168.20.254

PC1からPC2へPingをしてみて下さい。ちゃんと届くと思います。

 仮想IPアドレスへのPingは、CentreCOM8624XLでは、通らないようです。仮想IPアドレスへPingが届くかどうかは、製品によって異なるみたいです。

それでは、下の図のように、SW3-SW4間のケーブルを抜いて障害を発生させてみましょう!

PC1からPC2にPingが届くでしょうか?

もちろん届きます。SW2が、VLAN10、VLAN20で共にマスタルータになっているので、届くはずです。

しかし、今度は、下の図のように、SW2-SW4間のケーブルを抜いて障害を発生させた場合は、どうでしょうか?

PC1からPC2へのPingは届きません。

SW2で「SHOW VRRP」コマンドの出力内容を見て下さい。

●SHOW VRRP の出力

Manager > show vrrp

--------------------------------------------------------------------------------
Virtual Router Identifier ............. 10

  Configuration:
    VR MAC Address .................... 00-00-5e-00-01-0a
    Interface ......................... vlan10
    Priority .......................... 200
    State ............................. MASTER
    Authentication .................... None
    Password .......................... NOT SET
    IP Address(es)
    ................................... 192.168.10.254
    Advertisement Interval ............ 1
    Preempt Mode ...................... ON
    Monitored Interfaces:
    ................................... None

  Triggers:
    Up Master Trigger ID .............. 0
    Down Master Trigger ID ............ 0

  Counters:
    Good Advertisements Received ...... 0
    Bad Advertisements Received ....... 0
    Master Periods .................... 1
    Advertisements Sent ............... 725
    Up Master Trigger Activations ..... 0
    Down Master Trigger Activations ... 0
--------------------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------
Virtual Router Identifier ............. 20

  Configuration:
    VR MAC Address .................... 00-00-5e-00-01-14
    Interface ......................... vlan20
    Priority .......................... 200
    State ............................. MASTER
    Authentication .................... None
    Password .......................... NOT SET
    IP Address(es)
    ................................... 192.168.20.254
    Advertisement Interval ............ 1
    Preempt Mode ...................... ON
    Monitored Interfaces:
    ................................... None

  Triggers:
    Up Master Trigger ID .............. 0
    Down Master Trigger ID ............ 0

  Counters:
    Good Advertisements Received ...... 0
    Bad Advertisements Received ....... 0
    Master Periods .................... 1
    Advertisements Sent ............... 712
    Up Master Trigger Activations ..... 0
    Down Master Trigger Activations ... 0
--------------------------------------------------------------------------------

 SW2が、依然としてマスタルータになったままです。このままでは、SW3を迂回して通信できません。せっかくVRRPを設定したのに、マスタルータが切り替わらないのでは、意味がありません。

 これは、SW2で、障害を検知していないからです。インタフェースに障害が起こった場合に、その状態を検知して、マスタルータの役割を、バックアップルータに引き継がせる設定が必要になってきます。

この機能は、「ADD VRRP MONITOREDINTERFACE」コマンドで設定します。

続きは、「VRRPを設定する(その3)」で紹介します。