RIP(その2)

RIP(その1)」の続きです。

引き続き、下図のネットワークをRIPで設定していきます。

「RIPの有効化」にチェックを入れ、RIPのバージョンを選択します。ここでは、「デフォルト」を選択します。

「追加」ボタンをクリックします。

「192.168.1.0」と入力して「OK」ボタンをクリックします。

もう一つ追加します。

「192.168.2.0」と入力して「OK」ボタンをクリックします。

「192.168.1.0」、「192.168.2.0」の2つのネットワークが追加されていることが確認できます。

「OK」ボタンをクリックします。

「コマンド配信ステータス」が表示されます。

「OK」ボタンをクックします。

Router_AのRIPの設定は、完了です。

設定した内容を保存します。

「保存」をクリックします。

保存されるまでしばらく待ちます。

ステータスバーに「正常にコピーされました。」と表示されるまで待ちます。

Router_Bも同様にRIPの設定を行います。

ここでは、省略します。

これで、RIPの設定は完了です。

次の「RIP(その3)」で、設定した内容を確認していきます。

関連コンテンツ