このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

IPv6(スタティックルート その1)

ここでは、下図のネットワークをIPv6スタティックルートで設定していきます。

 R1ルータ、R2ルータの G0/0、G0/1 インターフェイスには、手動でリンクローカルアドレス(LLA)を設定します。各PCのLLAは、自動生成されるLLAを使用します。また、各PCのデフォルトゲートウェイには、ルータのグローバルユニキャストアドレス(GUA)を指定することも、LLAを指定することもできますが、一般的にはLLAを指定するため、以下のように指定します。

PC1のデフォルトゲートウェイ ・・・ FE80::1
PC1のデフォルトゲートウェイ ・・・ FE80::2

各ルータの基本設定

上図ネットワークを設定します。

各ルータのIPv6アドレスなどの基本設定は、以下のとおりです。

R1の設定

Router>enable
Router#conf t
Router(config)#hostname R1
R1(config)#ipv6 unicast-routing
R1(config)#int g0/0
R1(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:1::1/64
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#int g0/1
R1(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:2::1/64
R1(config-if)#ipv6 address fe80::1 link-local
R1(config-if)#no shutdown
R1(config-if)#end
R1#copy run start

R2の設定

Router>enable
Router#conf t
Router(config)#hostname R2
R2(config)#ipv6 unicast-routing
R2(config)#int g0/0
R2(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:3::1/64
R2(config-if)#ipv6 address fe80::2 link-local
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#int g0/1
R2(config-if)#ipv6 address 2001:db8:cc1e:2::2/64
R2(config-if)#ipv6 address fe80::2 link-local
R2(config-if)#no shutdown
R2(config-if)#end
R2#copy run start

ペースト用コンフィグ

●R1のコンフィグ
enable
conf t
hostname R1
ipv6 unicast-routing
int g0/0
ipv6 address 2001:db8:cc1e:1::1/64
ipv6 address fe80::1 link-local
no shutdown
int g0/1
ipv6 address 2001:db8:cc1e:2::1/64
ipv6 address fe80::1 link-local
no shutdown
end
copy run start

●R2のコンフィグ
enable
conf t
hostname R2
ipv6 unicast-routing
int g0/0
ipv6 address 2001:db8:cc1e:3::1/64
ipv6 address fe80::2 link-local
no shutdown
int g0/1
ipv6 address 2001:db8:cc1e:2::2/64
ipv6 address fe80::2 link-local
no shutdown
end
copy run start

IPv6スタティックルート

IPv6スタティックルートにおける、ネクストホップアドレスは、リンクローカルアドレスを指定します。

 ネクストホップアドレスは、同じリンク上のルータのインターフェイスになるため、リンクローカルアドレスを指定するようになっています。

 この後のコンテンツで、解説する IPv6 RIP や OSPFv3 などのダイナミックルーティングプロトコルにおいても、学習するネクストホップアドレスは、リンクローカルアドレスとなっています。

IPv6におけるスタティックルートの設定コマンドは、以下の通りです。

Router(config)#ipv6 route {prefix/length} {interface} {next-hop-address} [AD値]

R1ルータへ定義するスタティックルートは、以下のようになります。

R1(config)#ipv6 route 2001:db8:cc1e:3::/64 g0/1 fe80::2

R2ルータへ定義するスタティックルートは、以下のようになります。

R2uter_B(config)#ipv6 route 2001:db8:cc1e:1::/64 g0/1 fe80::1

これで、IPv6スタティックルートの設定は、完了です。

 次の「IPv6(スタティックルート その2)」では、設定したIPv6スタティックルートの設定を検証していきます。

関連コンテンツ