名前付き標準IPアクセスリスト

ここでは、「名前付き標準IPアクセスリスト」を解説していきます。

IOSバージョン11.2以降では、名前付きアクセスリスを作成することができます。

 IOSバージョン12.0より前は、標準IPアクセスリストでは、99個までという制約があり、その数を超えてリストを作成しようとする場合に、名前付きアクセスリストを使用する必要がありました。

 ところが、IOSバージョン12.0以降では、十分すぎるぐらいのアクセスリストを作成できるようになっています。名前付きアクセスリストは、よりたくさんのアクセスリストを作成するためのものと言うより、アクセスリストに名前を付けることにより、何の処理を行うのか明確にする意味合いの方が強くなってきていると思います。

種類番号の範囲
標準IPアクセスリスト1~99
拡張IPアクセスリスト100~199

名前付き標準IPアクセスリスト

名前付き標準IPアクセスリストを作成する時は、「ip access-list standard」コマンドを利用します。

「ip access-list standard」コマンドを入力すると、プロンプトが「config-std-nacl」に変わります。

Router(config)#ip access-list standard {番号 | 名前}
Router(config-std-nacl)#{permit | deny} {送信元IP} {ワイルドカードマスク}

※番号は、1~99までの値を指定することもできます。

 プロンプトが「Router(config-std-nacl)#」と表示されたら、標準IPアクセスリストの「permit」、もしくは、「deny」からの構文で入力します。標準アクセスリストの入力を中止するには、「exit」で抜けます。

標準IPアクセスリストと同様、リストの最後には、暗黙の「deny any」が追加されることを忘れないで下さい。

●名前付き標準IPアクセスリストの入力例

Router(config)#ip access-list standard sales-filter
Router(config-std-nacl)#deny 192.168.1.0 0.0.0.255
Router(config-std-nacl)#permit any

●「show running-config」実行時のアクセスリスト部分

「show running-config」で確認すると以下のように出力されます。

!
ip access-list standard sales-filter
deny 192.168.1.0 0.0.0.255
permit any
!

名前付き標準IPアクセスリストの適用

名前付き標準IPアクセスリストをインタフェースに適用するには、以下のコマンドを使用します。

Router(config-if)#ip access-group {番号 | 名前} {in | out}

注意

  • 名前付きアクセスリストは、「access-class」(仮想回線)には、適用できないので注意して下さい。
  • 名前付きアクセスリストの場合、指定したリストを削除することはできますが、リストの順番を変更したり、後から最後尾以外にリストを追加することができません。

 次の「名前付き拡張IPアクセスリスト」では、名前付き拡張IPアクセスリストの作成とインターフェイスへの適用方法を紹介します。