このページで解説している内容は、以下の YouTube 動画の解説で見ることができます。

演習ファイルのダウンロード

 ネットワークの構成を Packet Tracer で一から設定していくのは大変かと思います。「ダウンロード」ボタンから演習で使用するファイルのダウンロードができます。ファイルは、McAfee インターネットセキュリティでウイルスチェックをしておりますが、ダウンロードは自己責任でお願いいたします。

RIPv1とRIPv2の混在の問題(その1)

 RIPv1とRIPv2は、完全な互換性があります。しかし、RIPv2は、デフォルトでバージョン2のアップデートだけを送受信しています。

 ここでは、下図のネットワークをRIPv1、RIPv2で構築し、RIPv1とRIPv2の混在時の問題や互換性について、解説していきます。

各ルータの設定

上図ネットワークを構築します。

各ルータの設定は、以下のとおりです。

●R1のコンフィグ
enable
conf t
hostname R1
int g0/0
ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
no shutdown
int g0/1
ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
no shutdown
router rip
network 192.168.1.0
network 192.168.2.0
end
copy run start

●R2のコンフィグ
enable
conf t
hostname R2
int g0/0
ip address 192.168.3.1 255.255.255.0
no shutdown
int g0/1
ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
no shutdown
router rip
version 2
network 192.168.2.0
network 192.168.3.0
end
copy run start

この続きは、「RIPv1とRIPv2の混在の問題(その2)」で解説します。

関連コンテンツ