BGP(ORIGINアトリビュート)

 ORIGIN属性は、経路情報の生成元を表します。以下の3つの値がありあります。

IGP経路情報をAS内から学習したことを示す。
EGP経路情報をEGPから学習したことを示す。
Incomplete経路情報をIGP,EGP外から学習したことを示す。再配布された経路が該当します。

優先度の高い順に

IGP(高い) > EGP > Incomplete(低い)

ORIGIN属性は、BGPテーブルで確認することができます。

確認するには、「show ip bgp」コマンドで確認できます。

ここでは、BGPテーブルで、「IGP」、「EGP」、「Incomplete」がどのように表示されるのかを確認してゆきます。

まずは、「IGP」、「EGP」がどのように表示されるのかを確認します。

使用するネットワークは、「BGP(コンフェデレーションの設定)」で構築したネットワークです。

Router_BのBGPテーブルを確認すると以下のように表示されます。

●Router_BのBGPテーブル

Router_B#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 172.19.0.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight Path
*>i10.10.10.0/24    172.19.0.2               0    100      0 i
*> 20.20.20.0/24    172.17.0.2               0    100      0 (65001) i
*  30.30.30.0/24    172.17.0.2               0    100      0 (65001) 200 i
*>                  172.16.0.1               0             0 200 i

「 i 」と表示されているのが、「IGP」です。通常、networkコマンドで定義したルートが 「 i 」 で表示されます。

レガシーなEGP経由で学習した経路には、「 e 」と表示されます。基本的に「 e 」の表示は、ありません。

次に、「Incomplete」がどのように表示されるのかを確認します。

使用するネットワークは、「BGPルートの生成(IGPから再配送 その2)」で構築したネットワークです。

Router_CのBGPテーブルを表示してみます。


Router_C#show ip bgp
BGP table version is 5, local router ID is 172.18.0.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.0.0.0         172.17.0.1       2195456             0 100 ?
*> 20.20.20.0/24    0.0.0.0                0         32768 ?
*> 172.16.0.0       172.17.0.1             0             0 100 ?
*> 172.17.0.0       0.0.0.0                0         32768 ?

「 ? 」と表示されています。ORIGINアトリビュートから経路情報をIGP,EGP以外から学習したことが分かります

 基本的には、ORIGIN属性はこの属性を変更しないでアドバタイズされますが、ルートマップを使用することによって、強制的にその属性を変更することも可能です。