BGP(ルートリフレクションの確認)

 ここでは、「BGP(ルートリフレクションの設定)」で設定したルートリフレクションを検証していきます。

 ルートリフレクションを設定すると、iBGPで学習される経路は、ルートリフレクタで他のiBGPルータに反射されるようになるため、ピアの数を減らすことができます。

 「ルートリフレクション」を使用したことでiBGPで学習した経路を他のiBGPルータにアドバタイズしているかどうかを確認してゆきましょう。

ネットワーク構成は、以下の図になります。

Router_Aがルートリフレクタになっています。

ルートリフレクタであるRouter_AのBGPテーブルを確認してみます。

Router_A#show ip bgp
BGP table version is 10, local router ID is 172.18.0.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*>i10.10.10.0/24    172.16.0.2             0    100      0 i
*>i20.20.20.0/24    172.17.0.2             0    100      0 i
*>i30.30.30.0/24    172.18.0.2             0    100      0 i

 Router_A、Router_B、Router_Cでアドバタイズした「10.10.10.0/24」、「20.20.20.0/24」、「30.30.30.0/24」のiBGPルートがあります。

Router_BのBGPテーブルを確認してみます。

Router_B#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 172.16.0.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    0.0.0.0                0         32768 i
*>i20.20.20.0/24    172.17.0.2             0    100      0 i
*>i30.30.30.0/24    172.18.0.2             0    100      0 i

Router_CのBGPテーブルを確認してみます。

Router_C#show ip bgp
BGP table version is 6, local router ID is 172.17.0.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*>i10.10.10.0/24    172.16.0.2             0    100      0 i
*> 20.20.20.0/24    0.0.0.0                0         32768 i
*>i30.30.30.0/24    172.18.0.2             0    100      0 i

Router_DのBGPテーブルを確認してみます。


Router_D#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 172.18.0.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop            Metric LocPrf Weight Path
*>i10.10.10.0/24    172.16.0.2               0    100      0 i
*>i20.20.20.0/24    172.17.0.2               0    100      0 i
*> 30.30.30.0/24    0.0.0.0                  0         32768 i

ルートリフレクタであるRouter_Aから反射され各ルータに経路が伝わってきていることが確認できます。

Router_Aで「show ip bgp neighbors」コマンドを実行します。

Router_A#show ip bgp neighbors
BGP neighbor is 172.16.0.2,  remote AS 100, internal link
 Index 0, Offset 0, Mask 0x0
  Route-Reflector Client
  BGP version 4, remote router ID 172.16.0.2
  BGP state = Established, table version = 10, up for 04:07:44
  Last read 00:00:44, hold time is 180, keepalive interval is 60 seconds
  Minimum time between advertisement runs is 5 seconds
  Received 259 messages, 0 notifications, 0 in queue
  Sent 261 messages, 0 notifications, 0 in queue
  Connections established 2; dropped 1
Connection state is ESTAB, I/O status: 1, unread input bytes: 0
Local host: 172.16.0.1, Local port: 179
Foreign host: 172.16.0.2, Foreign port: 11000
 ・
 ・
(省略)

 Router_Aが、Router_B、Router_C、Router_Dをルートリフレクタ・クライアントとして認識していることが確認できます。

これで、ルートリフレクションの動作が確認できました。

ルートリフレクションは、ピアの数を減らすことができるため、大変便利ですが、欠点があります。

 それは、ルートリフレクタがダウンしてしまった場合、障害単一点になってしまうことです。ルートリフレクタがダウンするとiBGPネットワークが機能しなくなります。

次の「BGP(複数のルートリフレクタ)」では、ルートリフレクタを複数使用する方法を紹介します。