BGP(基本設定 iBGPとIGP )⑩

ここでは、iBGPとIGPを組み合わせた設定を紹介していきます。

使用するネットワークは下図になります。

 iBGPでネットワークを構築するのでフルメッシュで構築します。

※iBGPでは、フルメッシュでネットワークを構築するのが基本になります。

まずは、iBGPの設定を先に行います。

各ルータのピアは、下図のように張ります。

Router_A ・・・ Router_B、Router_C とピアを張ります。
Router_B ・・・ Router_A、Router_C とピアを張ります。
Router_C ・・・ Router_A、Router_B とピアを張ります。

iBGPで通知するネットワークは、以下のようにします。

Router_A ・・・ 「10.10.10.1/24」 を通知
Router_B ・・・ 「20.20.20.1/24」 を通知
Router_C ・・・ 「30.30.30.1/24」 を通知

それでは、各ルータを設定してゆきます。IGPの設定は、まだ行いません。

 強制的にインタフェースをUPさせるために、各ルータのE0インタフェースで「no keepalive」コマンドを設定しておきます。

●Router_Aの設定

!
version 11.2
no service udp-small-servers
no service tcp-small-servers
!
hostname Router_A
!
enable password cisco
!
interface Ethernet0
 ip address 10.10.10.1 255.255.255.0
 no keepalive
!
interface Serial0
 ip address 172.16.0.1 255.255.0.0
 clockrate 64000
!
interface Serial1
 ip address 172.17.0.1 255.255.0.0
 clockrate 64000
!
router bgp 100
 no synchronization
 network 10.10.10.0 mask 255.255.255.0
 neighbor 172.16.0.2 remote-as 100
 neighbor 172.17.0.2 remote-as 100
 no auto-summary
!
ip classless
!
line con 0
line aux 0
line vty 0 4
 password cisco
 login
!
end

●Router_Bの設定

!
version 11.2
no service udp-small-servers
no service tcp-small-servers
!
hostname Router_B
!
enable password cisco
!
interface Ethernet0
 ip address 20.20.20.1 255.255.255.0
 no keepalive
!
interface Serial0
 ip address 172.16.0.2 255.255.0.0
!
interface Serial1
 ip address 172.18.0.1 255.255.0.0
 clockrate 64000
!
router bgp 100
 no synchronization
 network 20.20.20.0 mask 255.255.255.0
 neighbor 172.16.0.1 remote-as 100
 neighbor 172.18.0.2 remote-as 100
 no auto-summary
!
ip classless
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
line aux 0
line vty 0 4
 password cisco
 login
!
end

●Router_Cの設定

!
version 11.2
no service udp-small-servers
no service tcp-small-servers
!
hostname Router_C
!
enable password cisco
!
interface Ethernet0
 ip address 30.30.30.1 255.255.255.0
 no keepalive
!
interface Serial0
 ip address 172.17.0.2 255.255.0.0
!
interface Serial1
 ip address 172.18.0.2 255.255.0.0
!
router bgp 100
 no synchronization
 network 30.30.30.0 mask 255.255.255.0
 neighbor 172.17.0.1 remote-as 100
 neighbor 172.18.0.1 remote-as 100
 no auto-summary
!
ip classless
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
line aux 0
line vty 0 4
 password cisco
 login
!
end

各ルータのルーティングテーブルを確認してみます。

●Router_Aのルーティングテーブル


Gateway of last resort is not set

     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.10.10.0 is directly connected, Ethernet0
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       20.20.20.0 [200/0] via 172.16.0.2, 01:01:07
     30.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       30.30.30.0 [200/0] via 172.17.0.2, 01:00:51
C    172.16.0.0/16 is directly connected, Serial0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial1

●Router_Bのルーティングテーブル

Gateway of last resort is not set

     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       10.10.10.0 [200/0] via 172.16.0.1, 00:04:43
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       20.20.20.0 is directly connected, Ethernet0
     30.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       30.30.30.0 [200/0] via 172.18.0.2, 00:07:22
C    172.16.0.0/16 is directly connected, Serial0
C    172.18.0.0/16 is directly connected, Serial1

●Router_Cのルーティングテーブル

Gateway of last resort is not set

     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       10.10.10.0 [200/0] via 172.17.0.1, 00:04:16
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       20.20.20.0 [200/0] via 172.18.0.1, 00:06:55
     30.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       30.30.30.0 is directly connected, Ethernet0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
C    172.18.0.0/16 is directly connected, Serial1

各ルータのルーティングテーブルには、

Router_Aが通知した ・・・ 「10.10.10.1/24」の経路
Router_Bが通知した ・・・ 「20.20.20.1/24」の経路
Router_Cが通知した ・・・ 「30.30.30.1/24」の経路

「10.10.10.0/24」、「20.20.20.0/24」、「30.30.30.0/24」 とコネクテッド(「C」)のエントリしかありません。

Router_AのBGPテーブルを確認してみます。

●Router_AのBGPテーブル

Router_A#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 172.17.0.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    0.0.0.0                0         32768 i
*>i20.20.20.0/24    172.16.0.2             0    100      0 i
*>i30.30.30.0/24    172.17.0.2             0    100      0 i

 「i」 ・・・ iBGPで学習
 「>」 ・・・ ベストパス

 iBGPで、「10.10.10.0/24」、「20.20.20.0/24」、「30.30.30.0/24」の経路がやり取りされているのが分かります。

これらのルートは、「network」コマンドで指定したルートです。

「network」コマンドで指定していないルートは、交換されていません。

その為、ルータ間の経路がないのです。

・Router_Aでは、「172.18.0.0/24」の経路がありません。
・Router_Bでは、「172.17.0.0/24」の経路がありません。
・Router_Cでは、「172.16.0.0/24」の経路がありません。

そこで、各ルータ間の経路情報をIGPで交換させるようにしていきます。

この続きは、「BGP(基本設定 iBGPとIGP)⑪」で、IGPの設定をしていきます。