DHCPリレーとは

の続きです。

 DHCPは、IP関連のパラメータの設定を自動化するために、今では、ネットワークに欠かせないサービスになりました。数十台規模のネットワークになるとDHCPサーバを導入している所がほとんどでは、ないのでしょうか。

 しかし、この便利なDHCPですが、下の図のようにブロードキャスト通信を使ってサーバとクライアント間で通信する仕組みから、ネットワークの規模が大きくなってくるとある問題が浮かび上がってきます。DHCPクライアントとDHCPサーバのメッセージの交換のやり取りを確認してみましょう!

DHCPの通信の流れ

①クライアントがサーバに対して、まず「DHCPDISCOVER」メッセージをネットワーク全体に対して送信します。

送信先MACアドレス ・・・ FF:FF:FF:FF:FF:FF
送信先IPアドレス ・・・ 255.255.255.255

②DHCPサーバが「DHCPDISCOVER」メッセージを発見すると、「DHCPOFFER」メッセージで応答します。このメッセージの中には、候補となるIPアドレスが入っています。

③受け取ったIPアドレスで問題なければ、取得要求である「DHCPREQUEST」メッセージを送信します。

④サーバは、「DHCPACK」メッセージでIPアドレスや、その他のオプションを通知します。

 これらの通信は、全てブロードキャストで実行されます。ルータは、ブロードキャストをブロックします。そこで、問題が発生してくるのです。

 例えば、下図のように各セグメントをルータでつなげてネットワークを構築する場合、ルータの向こう側にあるDHCPサーバへの通信がブロックされてしまうのです。

 その結果、セグメントごとにDHCPサーバを用意してやる必要がでてくるのです。これで