DHCP(その1)

 DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)は、IPアドレスなど必要な情報を自動的に割り当てる機能です。DHCPサーバは、クライアントの要求に対して、あらかじめプールされたIPアドレスの中から、使用されていないアドレスを選び、一定期間、クライアントに割り当てます。

 IPアドレスだけでなく、デフォルトゲートウェイやDNSサーバのIPアドレス、サブネットマスクなど、同一サブネット内で共通して使われるパラメータを配布することができます。クライアントが通信を終えると自動的にアドレスを回収し、他のコンピュータに割り当てます。

 DHCPを使うことで、ネットワークの設定に詳しくないユーザに自動的に、IPアドレスを始めとするパラメータを割り当てることができ、ネットワーク管理者は、多くのクライアントを容易に一元管理することができます。

それでは、まず、DHCPを設定するコマンドを見てみましょう。

DHCPを設定するコマンド

ENABLE DHCP

DHCPサーバー機能を有効にする。デフォルトは無効。

CREATE DHCP POLICY=policy LEASETIME={seconds|INFINITY}

policy: DHCPポリシー名(1~15文字。大文字小文字を区別しない)
seconds: 時間(3600秒~)

ADD DHCP POLICY=policy [DNSSERVER=ipadd,ipadd...] [ROUTER=ipadd,ipadd...] [SUBNETMASK=ipadd]

DHCPポリシー(クライアントに提供する情報)にIP設定情報を追加します。

設定できるパラメーターは、非常に多いので、詳しくはコマンドリファレンスを参考にして下さい。

CREATE DHCP RANGE=range POLICY=policy IP=ipadd NUMBER=count

range: DHCPレンジ名(1~15文字。大文字小文字を区別しない)
policy: DHCPポリシー名(1~15文字。大文字小文字を区別しない)
ipadd: IPアドレス

クライアントに与えるIPアドレスの範囲を定義する。

ここでは、下図のようにネットワークを構築します。

 クライアントが、DHCPサーバ(今回設定するスイッチ)から自動的に取得したIPアドレスで、インターネット接続できるようにしてみます。

インターネットへの接続ポイントであるルータは、自宅のブロードバンドルータを使います。

DNSサーバは、最近のブロードバンドルータの機能の1つである「DNSリレー」機能を使って代用します。

 「DNSリレー機能」とは、メーカによ