URLフィルタの設定

ここでは、URLフィルタを設定していきます。まずは、下図のネットワークを設定します。

●R1のコンフィグ

console prompt R1
ip route default gateway pp 1
ip filter source-route on
ip filter directed-broadcast on
ip lan1 address 192.168.1.1/24
pp select 1
 pppoe use lan2
 pp auth accept pap chap
 pp auth myname (PPPoE接続ID) (PPPoE接続パスワード)
 ppp lcp mru on 1454
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ipcp msext on
 ppp ccp type none
 ip pp mtu 1454
 ip pp secure filter in 1 2
 ip pp secure filter out dynamic 1 2 3 4 10 11
 ip pp nat descriptor 1
 pp enable 1
ip filter 1 pass * * icmp * *
ip filter 2 reject * * * * *
ip filter 3 pass * * tcp * smtp,pop3
ip filter 4 pass * * tcp * ident
ip filter dynamic 1 * * domain
ip filter dynamic 2 * * www
ip filter dynamic 3 * * ftp
ip filter dynamic 4 * * filter 3 in 4
ip filter dynamic 10 * * tcp
ip filter dynamic 11 * * udp
nat descriptor type 1 masquerade
dns server pp 1
dns private address spoof on

URLフィルタの定義

URLフィルタを定義していきます。

 URLフィルタを評価する順番は、「url INTERFACE filter」コマンドに登録された順番に適用されます。適用される順番と合致した場合の動作は、パケットフィルタ型のファイアウォールの定義と似ています。

 URLフィルタは、合致した場合は、合致した場合の動作(通過/破棄)を行い、それ以降のフィルタは評価されません。そのため、全てのフィルタに合致しない場合は、破棄されることになるので、該当しないサイトにアクセスさせたいのであれば、全てのWebアクセスを通過させるフィルタを用意します。

例えば、次のURLを定義します。

R1# url filter 1 pass www.yahoo.co.jp
R1# url filter 2 reject yahoo
R1# url filter 3 pass *
R1# url lan1 filter in 1 2 3

※Yahoo!さん。すみません。制限すべきサイトではありませんが、例として定義しています。

※現在では、httpではなく、httpsが用いられています。

Webブラウザを起動して、「Yahoo!」にアクセスします。

Yahoo! JAPAN

あなたの毎日をアップデートする情報ポータル。検索、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピング、オークションなど便利なサービスを展開しています。