◆Telnet接続(その1)

ここでは、YAMAHAルータへのTelnet接続について、説明していきます。

まずは、ネットワークを構築していきます。

ネットワーク構成は、下図の通りです。

●RAの設定

RAルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RA
RA# ip lan1 address 192.168.1.1/24
RA# ip lan2 address 192.168.2.1/24
RA# rip use on

●RBの設定

RBルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RB
RB# ip lan1 address 192.168.3.1/24
RB# ip lan2 address 192.168.2.2/24
RB# rip use on

PC1から、RAルータにTelnetします。

PC1のコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

C:¥telnet 192.168.1.1

ログインすることができました。

PC2からTelnetを行っても同様にログインすることができます。

次に、RAルータからRBルータにTelnetを行ってみます。

RB# telnet 192.168.2.2
エラー: コマンドが許可されていません
RB#

「コマンドが許可されていません」と表示され、Telnetコマンドを受け付けてくれません。

これは、デフォルトでYAHAMAルータは、Telnetクライアントとして、許可されていないからです。

セキュリティクラスを設定するコマンドの構文は、以下の通りです。

「1 on off」

# security class <level> <forget> [telnet]

デフォルトでは、「security class 1 on off」となっています。

RAルータとRBルータで、セキュリティクラスの設定を行います。

●RAの設定

RA# security class 1 on on

●RBの設定

RB# security class 1 on on

再度、RAルータからRBルータにTelnetを行ってみます。

RA# telnet 192.168.2.2

192.168.2.2(192.168.2.2)[IP Direct], Port:23 に接続します。
アボートキーは '^]',0x1d(29) です。

Password:

RTX1000 BootROM Ver. 1.04

RTX1000 Rev.8.01.29 (Fri Apr 15 11:50:44 2011)
  Copyright (c) 1994-2011 Yamaha Corporation.
  Copyright (c) 1991-1997 Regents of the University of California.
  Copyright (c) 1995-1996 Jean-loup Gailly and Mark Adler.
  Copyright (c) 1998-2000 Tokyo Institute of Technology.
  Copyright (c) 2000 Japan Advanced Institute of Science and Technology, HOKURIKU.
  Copyright (c) 2002 RSA Security Inc. All rights reserved.
00:a0:de:27:20:bb, 00:a0:de:27:20:bc, 00:a0:de:27:20:bd,
Memory 16Mbytes, 3LAN, 1BRI
RB>

今度は、Telnetで接続することができました。