RIPの設定(その1)

ここでは、YAMAHAルータにおけるRIPの設定を紹介していきます。

RIPとは

 RIPとは、Routing Information Protocolの略で、最も古くから使われているルーティングプロトコルです。

 RIPの歴史は古く、現在のインターネットの前身であるARPANETの時代から存在しています。では、古いからといって現在、ほとんど使われていないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

 RIPは、古いルーティングプロトコルではありますが、RIPは仕組みが単純であるため、実装が容易です。家庭用のブロードバンドルータでさえ、RIPが実装されています。RIPは、身近なルーティングプロトコルであると言えます。小規模なネットワークでは、十分に事足りるでしょう。しかし、最近ではレイヤー3スイッチが安価になっているため、RIPを設定する機会も少ないかもしれません。

※ブロードバンドルータに必ずRIPが実装されているとは限らないので注意

 下の写真は、かなり古い、管理人が過去に使用していたブロードバンドルータです。こんな、古いブロードバンドルータだって、RIPルーティングをサポートしていました。

管理画面を確認するとRIPの項目があります。

 このように、RIPは、非常に古いルーティングプロトコルであるにもかかわらず、実装が容易です。家庭やSOHOのネットワークにおいて、ネットワークセグメントを分けたい場合には、利用する機会もあるかもしれません。古いルーティングプロトコルではありますが、しっかりと仕組みを理解しておきましょう。

 RIPは、UNIXの「routed」というプログラムが基になっています。のちに、現在のRIP version1(RIPv1)となり、その後、RIPv1の制限を克服するために、RIPv2が開発されています。RIPv2は、RIPv1をベースに拡張しているため、基本的には、RIPv1とほぼ同じ動作をします。

それでは、RIPを設定していきます。

ネットワーク構成は、下図の