PPPoEを設定するコマンド

ここでは、PPPoEを設定するコマンドを紹介していきます。

 LANを経由して、PPPoEサーバにPPP接続をすることで、IPアドレスやDNSサーバアドレスの払い出しを受けることができます。

 また、割り当てられたIPアドレスをouterアドレスとして、NATやIPマスカレード接続することで、同時に複数のホストがインターネット網にアクセスできます。

相手先情報番号の選択

 設定や表示の対象となる相手先情報番号を選択します。コマンドを投入以降のプロンプトは、「console prompt」 コマンドで設定した文字列と相手先情報番号が続けて表示さます。none を指定すると、プロンプトに相手先情報番号が表示されないようになります。

# pp select peer_num

【設定値及び初期値】

●peer_num
設定値 :

設定値説明
番号相手先情報番号
none相手を選択しない。
anonymousISDN番号が不明である相手の設定する。

使用例

コンソールプロンプトを「R1」にします。

# console prompt R1

相手先情報番号に「1」を指定します。

R1# pp select 1

プロンプトには「console prompt」 コマンドで設定した文字列と相手先情報番号が続けて表示さます。

R1pp1#

プロンプトを元に戻します。

R1pp1# pp select none

プロンプトが元に戻りました。

R1#

PPPoE 使用するLAN インタフェースの指定

PPPoE で使用するLANインタフェースを指定します。設定がない場合は、PPPoEは使われません。

# pppoe use interface

【設定値及び初期値】

●interface
設定値 : LAN インタフェース名

受け入れる認証タイプの設定

 相手からのPPP認証要求を受け入れるかどうか設定します。このコマンドで認証を受け入れる設定を行っても、「pp auth myname」コマンドで自分の名前とパスワードが設定されていなければ、認証を拒否します。

# pp auth accept accept [accept]

【設定値及び初期値】

●accept
設定値 :

設定値説明
papPAPによる認証を受け入れる。
chapCHAPによる認証を受け入れる。
mschapMSCHAPによる認証を受け入れる。
mschap-v2MSCHAP Version2による認証を受け入れる。

初期値 : 認証を受け入れない。

自分の名前とパスワードの設定

# pp auth myname mynamepassword

【設定値及び初期値】

●myname
設定値 : 名前(64文字以内)

●password
設定値 : パスワード(64文字以内)

PP側IPアドレスのネゴシエーションの設定

 選択している相手について、PP側IPアドレスのネゴシエーションを行うか否かを指定します。このコマンドにより、接続時にサーバからIPアドレスを受け取れるようになります。

# ppp ipcp ipaddress negotiation

[設定値及び初期値]

●negotiation
設定値 :

設定値説明
onネゴシエーションする。
offネゴシエーションしない。

初期値 : off

PCPのMS拡張オプションを使うか否かの設定

 IPCPのMS 拡張オプションを使うか否かを指定します。Microsoft拡張オプションを使うように設定すると、DNS サーバのIPアドレスとWINSサーバのIPアドレスの通知を受け取れるようになります。offの場合は、DNSサーバや WINSサーバのアドレスの通知を受けても受け取りません。

# ppp ipcp msext msext

【設定値及び初期値】

●msext
設定値 :

設定値説明
on使用する。
off使用しない。

初期値 : off

Maximum Receive Unitオプション使用の設定

 LCPのネゴシエーションで「Maximum Receive Unit」オプションを用いるか否かと、MRU の値を設定します。MRUは、1回に受信できる最大のデータのサイズのことで、PPPを使用する場合、LCPでMRUオプションを使ってパケットサイズのネゴシエーションが行われます。

# ppp lcp mru mru [length]

【設定値及び初期値】

●mru
設定値 :

設定値説明
on用いる。
off用いない。

初期値 : on

●length
設定値 : MRU の値 (1280..1792)
初期値 : 1792

インタフェースのMTUの設定

 PPPにおけるMTUを指定します。この設定が適用されるのは、IPパケットだけで、他のプロトコルの場合には適用されず、デフォルトのままの1500のMTUとなります。

# ip pp mtu mtu

設定値 : MTU の値 (64..1500)
初期値 : 1500

全パケットの圧縮タイプの設定

PPPの圧縮方式を指定します。

# ppp ccp type type

【設定値及び初期値】

●type
設定値 :

設定値説明
stac0Stac LZSで圧縮する。
stacStac LZSで圧縮する。
cstacStac LZSで圧縮する。※接続相手がCiscoルータの場合
mppe-4040bit MPPEで暗号化する
mppe-128128bit MPPEで暗号化する。
mppe-any40bit,128bit MPPEのいずれかで暗号化を行う。
none圧縮しない

初期値 : stac

相手先の使用許可の設定

 相手先を使用できる状態にします。工場出荷設定では、全ての相手先は、disable状態となっています。使用する場合は、必ずこのコマンドでenableにする必要があります。

# pp enable peer_num

【設定値及び初期値】

●peer_num
設定値 :

設定値説明
番号相手先情報番号
anonymousanonymous。インタフェース
allすべての相手先情報番号

DNSサーバを通知してもらう相手先情報番号の設定

 DNSサーバとして利用する相手先情報番号を指定します。この機能を使用する場合には、「dns server pp」コマンドで指定された相手先情報に、「ppp ipcp msext on」コマンドの設定が必要となります。

# dns server pp peer_num

【設定値及び初期値】

●peer_num
設定値 : DNS サーバーを通知してもらう相手先情報番号

◆プライベートアドレスに対する問い合わせを処理するか否かの設定

プライベートアドレスのDNSアドレス解決要求をDNSサーバに転送するかどうかを指定します。

# dns private address spoof spoof

【設定値及び初期値】

●spoof
設定値 :

設定値説明
on処理する。
off処理しない。

初期値 : off