BGPを設定するコマンド(その2)

BGPを設定するコマンド(その1)」に引き続き、BGPを設定するコマンドを紹介します。

BGPによる接続先の設定

# bgp neighbor neighbor_id remote_as remote_address [parameter...]

【設定値及び初期値】

●neighbor_id
設定値: 近隣ルーターの番号 (1...2147483647)

●remote_as
設定値: 相手の AS 番号 (1..65535)

●remote_address
設定値: 相手のIP アドレス

●parameter: TYPE=VALUE の組
設定値:

TYPEVALUE説明
hold-timeoff もしくは 3 以上の整数[秒]キープアライブの送信間隔
metric1..21474836MED(Multi-Exit Discriminator) で通知するメトリック
passiveon または off能動的な BGP コネクションの接続を抑制するか否か
gatewayIP アドレス/インタフェース接続先に対するゲートウェイ
local-addressIP アドレスBGPコネクションの自分のアドレス

初期値:
 ・hold-time=180
 ・metric は送信されない
 ・passive=off
 ・gateway は指定されない
 ・local-address は指定されない

【説明】
 BGPコネクションを接続する近隣ルータを定義する。metricパラメータは全てのMEDの初期値として働くので、bgp importコマンドでMEDを設定したときにはそれが優先される。

 gatewayオプションは、接続先が同一のセグメントにないときに、その接続先に対するゲートウェイ(ネクストホップ)を指定する。

BGPのログの設定

# bgp log log [log]

【設定値及び初期値】

●log
設定値:

設定値説明
neighbor近隣ルーターに対する状態遷移
packet送受信したパケット

初期値: ログを記録しない。

【説明】
指定した種類のログをINFOレベルで記録する。

経路の集約の設定

# bgp aggregate ip_address/mask filter filter_num ...

【設定値及び初期値】

●ip_address/mask
設定値:

設定値説明
ip_address/maskIP アドレス/ネットマスク
all全てのネットワーク

●filter_num
設定値: フィルタ番号 (1..2147483647)

【説明】
 BGPで広告する集約経路を設定する。フィルタの番号には、「bgp aggregate filter」コマンドで定義した番号を指定する。

経路を集約するためのフィルタの設定

# bgp aggregate filter filter_num protocol [reject] kind ip_address/mask ...

【設定値及び初期値】

●filter_num
設定値: フィルタ番号 (1..2147483647)

●protocol
設定値:

設定値説明
static静的経路
ripRIP
ospfOSPF
bgpBGP
all全てのプロトコル

●kind
設定値:

設定値説明
include指定したネットワークに含まれる経路(ネットワークアドレス自身を含む)
refines指定したネットワークに含まれる経路(ネットワークアドレス自身を含まない)
equal指定したネットワークに一致する経路

●ip_address/mask
設定値: IP アドレス/ネットマスク

【説明】
 BGPで広告する経路を集約するためのフィルタを定義する。このコマンドで定義したフィルタは、「bgp aggregate」コマンドのfilter節で指定されて、はじめて機能する。

 ip_address/maskでは、ネットワークアドレスを設定する。これは複数設定でき、そのうち、一致するネットワーク長が長い設定が採用される。

kindの前にrejectキーワードを置くと、その経路は集約されない。