BGPを設定するコマンド(その1)

ここでは、BGPを設定するコマンドを紹介してゆきます。

BGP の起動の設定

# bgp use use

【設定値及び初期値】

●use
設定値:

設定値説明
on起動する。
off起動しない。

初期値: off

【説明】
 BGPを起動するか否かを設定する。いずれかのインタフェースにセカンダリアドレスを割り当てた場合、BGPを使用することはできない。

AS 番号の設定

# bgp autonomous-system as

【設定値及び初期値】

●as
設定値: AS 番号 (1..65535)

【説明】
ルータのAS番号を設定する。AS番号を設定するまでBGPは動作しない。

ルータIDの設定

# bgp router id ip_address

【設定値及び初期値】

●ip_address
設定値: IP アドレス
初期値: インタフェースに付与されているプライマリアドレスから自動的に選択する。

【説明】
ルーターID を設定する。通常はこのコマンドを設定する必要はない。

BGP による経路の優先度の設定

# bgp preference preference

【設定値及び初期値】

●preference
設定値: 優先度 (1..2147483647)
初期値: 500

【説明】
 BGPによる経路の優先度を設定する。優先度は1以上の整数で指定し、数字が大きいほど優先度が高い。BGPとその他のプロトコルで得られた経路が異なる場合には、優先度の高い経路が採用される。優先度が同じ場合には、先に採用された経路が有効になる。

各プロトコルに与えられた優先度の初期値は次のとおり。

スタティック10000
RIP1000
OSPF2000
BGP500

BGPによる接続先の設定

# bgp neighbor neighbor_id remote_as remote_address [parameter...]

【設定値及び初期値】

●neighbor_id
設定値: 近隣ルータの番号 (1...2147483647)

●remote_as
設定値: 相手のAS番号 (1..65535)

●remote_address
設定値: 相手のIPアドレス

●parameter : TYPE=VALUE の組
設定値:

TYPEVALUE説明
hold-timeoff もしくは 3 以上の整数[秒]キープアライブの送信間隔
metric1..21474836MED(Multi-Exit Discriminator) で通知するメトリック
passiveon または off能動的な BGP コネクションの接続を抑制するか否か
gatewayIP アドレス/インタフェース接続先に対するゲートウェイ
ocal-addressIP アドレスBGPコネクションの自分のアドレス

初期値:
 ・hold-time=180
 ・metric は送信されない
 ・passive=off
 ・gateway は指定されない
 ・local-address は指定されない

【説明】
BGPコネクションを接続する近隣ルーターを定義する。

BGPの設定の有効化

# bgp configure refresh

【説明】
 BGPの設定を有効にする。BGPの設定を変更したら、ルータを再起動するか、このコマンドを実行する必要がある。

BGP に導入する経路に適用するフィルタの設定

# bgp import filter filter_num [reject] kind ip_address/mask ... [parameter ...]

【設定値及び初期値】

●filter_num
設定値: フィルタ番号(1..2147483647)

●kind
設定値:

設定値説明
include指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含む)
refines指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含まない)
equal指定したネットワークに一致する経路

●ip_address/mask
設定値:

設定値説明
ip_address/maskIPアドレス/ネットマスク
allすべてのネットワーク

●parameter: TYPE=VALUE の組
設定値:

TYPEVALUE説明
metric1..16777215MED(Multi-Exit Discriminator)で通知するメトリック値(指定しないときはMEDを送信しない)
preference0..255同じ経路を複数の相手から受信したときに、一方を選択するための優先度

初期値:
 ・metric=1
 ・preference=100

【説明】
 BGPに導入する経路に適用するフィルタを定義する。このコマンドで定義したフィルタは、「bgp import」コマンドのfilter節で指定されて、はじめて効果を持つ。

 ip_address/maskでは、ネットワークアドレスを設定する。複数の設定があるときには、プレフィックスが最も長く一致する設定が採用される。kindの前にrejectキーワードを置くと、その経路が拒否される。

BGPに導入する経路に対するフィルタの適用

# bgp import remote_as protocol [from_as] filter filter_num ...

【設定値及び初期値】

●remote_as
設定値: 相手の AS 番号 (1..65535)

●protocol
設定値:

設定値説明
static静的経路
ripRIP
ospfOSPF
bgpBGP
aggregate集約経路

●from_as
設定値: 導入する経路を受信した AS(protocolでbgpを指定したときのみ)(1..65535)

●filter_num
設定値: フィルタ番号 (1..2147483647)

【説明】
 RIPやOSPFのようなBGP以外の経路を導入するときに適用するフィルタを設定する。フィルタに該当しない経路は導入されない。

 フィルタの番号には、「bgp import filter」コマンドで定義した番号を指定する。BGPの経路を導入するときには、その経路を受信したAS番号を指定する必要がある。

 このコマンドが設定されていないときには、外部経路は導入されない。フィルタ番号は、100個まで設定できる。

BGPで受信する経路に適用するフィルタの設定

# bgp export filter filter_num [reject] kind ip_address/mask ... [parameter]

【設定値及び初期値】

●filter_num
設定値: フィルタ番号 (1..2147483647)

●kind
設定値:

設定値説明
include指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含む)
refines指定したネットワークに含まれる経路 (ネットワークアドレス自身を含まない)
equal指定したネットワークに一致する経路

●ip_address/mask
設定値:

設定値説明
ip_address/maskIPアドレス/ネットマスク
allすべてのネットワーク

●parameter: TYPE=VALUEの組
設定値:

TYPEVALUE説明
metric1..16777215MED(Multi-Exit Discriminator)で通知するメトリック値(指定しないときはMEDを送信しない)
preference0..255同じ経路を複数の相手から受信したときに、一方を選択するための優先度

初期値:
 ・metric=1
 ・preference=100

【説明】
 BGPで受信する経路に適用するフィルタを定義する。このコマンドで定義したフィルタは、「bgp import」コマンドのfilter節で指定されてはじめて効果を持つ。

 ip_address/maskでは、ネットワークアドレスを設定する。複数の設定があるときには、プレフィックスが最も長く一致する設定が採用される。

kindの前にrejectキーワードを置くと、その経路が拒否される。