BGPを設定するコマンド(その1)

ここでは、BGPを設定するコマンドを紹介していきます。

BGP の起動の設定

# bgp use use

【設定値及び初期値】

●use
設定値:

設定値説明
on起動する。
off起動しない。

初期値: off

【説明】
 BGPを起動するか否かを設定する。いずれかのインターフェイスにセカンダリアドレスを割り当てた場合、BGPを使用することはできない。

AS 番号の設定

# bgp autonomous-system as

【設定値及び初期値】

●as
設定値: AS 番号 (1..65535)

【説明】
ルータのAS番号を設定する。AS番号を設定するまでBGPは動作しない。

ルータIDの設定

# bgp router id ip_address

【設定値及び初期値】

●ip_address
設定値: IP アドレス
初期値: インターフェイスに付与されているプライマリアドレスから自動的に選択する。

【説明】
ルーターID を設定する。通常はこのコマンドを設定する必要はない。

BGP による経路の優先度の設定

# bgp preference preference

【設定値及び初期値】

●preference
設定値: 優先度 (1..2147483647)
初期値: 500

【説明】
 BGPによる経路の優先度を設定する。優先度は1以上の整数で指定し、数字が大きいほど優先度が高い。BGPとその他のプロトコルで得られた経路が異なる場合には、優先度の高い経路が採用される。優先度が同じ場合には、先に採用された経路が有効になる。

各プロトコルに与えられた優先度の初期値は次のとおり。

スタティック10000
RIP1000
OSPF2000
BGP500

BGPによる接続先の設定

# bgp neighbor neighbor_id remote_as remote_address [parameter...]

【設定値及び初期値】

●neighbor_id
設定値: 近隣ルータの番号 (1...2147483647)

●remote_as
設定値: 相手のAS番号 (1..65535)

●remote_address
設定値: 相手のIPアドレス

●parameter : TYPE=VALUE の組
設定値:

TYPEVALUE説明
hold-timeoff もしくは 3 以上の整数[秒]キープアライブの送信間隔
metric1..21474836MED(Multi-Exit Discriminator) で通知するメトリック
passiveon または off能動的な BGP コネクションの接続を抑制するか否か
gatewayIP アドレス/インターフェイス接続先に対す