BGPとOSPFの組み合わせ

こでは、下図のようなネットワークをBGP、OSPFで構築していきます。

R1ルータの設定

基本設定を行います。

# console prompt R1
R1# ip lan1 address 192.168.1.2/24
R1# ip lan2 address 192.168.2.1/24

OSPFを起動します。

R1# ospf use on

OSPFの設定を行います。

R1# ospf area backbone
R1# ip lan1 ospf area backbone
R1# ip lan2 ospf area backbone

R2ルータの設定

基本設定を行います。

# console prompt R2
R2# ip lan1 address 192.168.1.1/24
R2# ip lan2 address 172.16.1.1/24

OSPFを起動します。

R2# ospf use on

LAN1、LAN2をバックボーンエリアとして定義します。

R2# ospf area backbone
R2# ip lan1 ospf area backbone
R2# ip lan2 ospf area backbone

BGPを起動します。

R2# bgp use on

AS番号を定義します。

R2# bgp autonomous-system 64001

BGPコネクションを接続する近隣ルータを定義します。

R2# bgp neighbor 1 8000 172.16.1.2

 OSPFで受信した192.168.0.0/16の範囲の経路を集約して広告し、それ以外の経路は、そのまま広告するように定義します。

R2# bgp aggregate filter 1 ospf include 192.168.0.0/16
R2# bgp aggregate 192.168.0.0/16 filter 1
R2# bgp import filter 1 include 192.168.0.0/16

 192.168.0.0/16の範囲の経路は集約して広告するので、範囲に含まれる経路を拒否するように定義します。

R2# bgp import filter 2 reject include 192.168.0.0/16
R2# bgp import filter 3 include all

集約経路をBGPに導入します。

R2# bgp import 8000 aggregate filter 1

集約経路以外をBGPに導入します。

R2# bgp import 8000 ospf filter 2 3

BGPで受信した経路に対してフィルタを適用します。

R2# bgp export filter 1 include all
R2# bgp export 8000 filter 1

OSPFの経路テーブルにBGPの経路を導入します。

R2# ospf import from bgp

OSPFの設定を有効にします。

R2# ospf configure refresh

BGPの設定を有効にします。

R2# bgp configure refresh

R3ルータの設定

ここでは、R3には、Ciscoルータを使用することとします。

●R3のコンフィグ

!
hostname R3
!
interface Ethernet0
 ip address 10.0.0.1 255.255.255.0
 half-duplex
!
interface FastEthernet0
 ip address 172.16.1.2 255.255.255.0
 speed auto
!
router bgp 8000
 no synchronization
 bgp log-neighbor-changes
 network 10.0.0.0 mask 255.255.255.0
 neighbor 172.16.1.1 remote-as 64001
 no auto-summary
!

BGPとOSPFの組み合わせたネットワークの検証

ここから、BGPとOSPFを組み合わせて構築したネットワークを検証していきます。

R1ルータのルーティングテーブルを確認します。

●R1のルーティングテーブル

R1# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/24         192.168.1.1            LAN1      OSPF  E2 cost=2 metric=1
172.16.1.0/24       192.168.1.1            LAN1      OSPF     cost=2
192.168.1.0/24      192.168.1.2            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit

R2ルータのルーティングテーブルを確認します。

●R2のルーティングテーブル

R2# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/24         172.16.1.2             LAN2       BGP  path=8000
172.16.1.0/24       172.16.1.1             LAN2  implicit
192.168.1.0/24      192.168.1.1            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.1.2            LAN1      OSPF     cost=2

R2ルータがBGPで広告している経路情報を確認します。

R2ルータの「show status bgp neighbor 172.16.1.2 advertised-routes」の出力

R2# show status bgp neighbor 172.16.1.2 advertised-routes
Total routes: 1
*: valid route
  Network            Next Hop        Metric LocPrf Path
* 192.168.0.0/16                          0        IGP

R3ルータのルーティングテーブルを確認します。

●R3ルータのルーティングテーブル(Cisco)

R3#show ip route

Gateway of last resort is not set

     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.1.0 is directly connected, FastEthernet0
     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.0.0.0 is directly connected, Ethernet0
B    192.168.0.0/16 [20/0] via 172.16.1.1, 00:01:23

「192.168.1.0/16」の集約経路がR2ルータから広告され、R3ルータに存在することが確認できます。