IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その4)

IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その3)」の続きです。ここでは、構築したIEEE802.1Xを検証していきます。

使用するネットワーク構成は、以下のようになります。

show dot1x all

PC_Aのケーブルは、Switch_Aから抜いておきます。

IEEE802.1Xの状態を確認するには、「show dot1x all」コマンドを使用します。

●「show dot1x all」コマンドの出力

Switch_A#show dot1x all

Dot1x Info for interface FastEthernet0/1
----------------------------------------------------
Supplicant MAC <Not Applicable>
AuthSM State          = N/A
BendSM State          = N/A
Posture               = N/A
PortStatus            = N/A
MaxReq                = 2
MaxAuthReq            = 2
HostMode              = Single
Port Control          = Auto
ControlDirection      = Both
QuietPeriod           = 60 Seconds
Re-authentication     = Disabled
ReAuthPeriod          = 3600 Seconds
ServerTimeout         = 30 Seconds
SuppTimeout           = 30 Seconds
TxPeriod              = 30 Seconds
Guest-Vlan            = 0
AuthFail-Vlan         = 0
AuthFail-Max-Attempts = 3

まだ、PC_Aを接続していないので、認証に関する情報は、表示されません。

PC_Aの接続

PC_AのケーブルをSwitch_Aに接続します。

すると、「ネットワークに接続するには追加の情報が必要です」と吹き出しが表示されます。

吹き出しをクリックすると「資格情報の入力