IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その1)

 ここでは、IEEE802.1X認証を設定してゆきます。RADIUSサーバには、Linuxを使用します。LinuxにおけるRADIUSサーバの構築方法については、「LinuxでRADIUSサーバを構築(FreeRADIUS)」を参考にしてみて下さい。

使用するネットワーク構成は、以下のようになります。

 Switch_Aに繋がるPC_AをIEEE802.1Xで認証し、認証に合格したら、Switch_Aから先のLANへアクセスできるように設定していきます。

ここでは、まず、Switch_Aを設定していきます。

IEEE802.1Xの設定(Switch_A)

●AAAを有効にします。

Switch_A(config)#aaa new-model

●IEEE802.1X認証にRADIUSを指定します。

IEEE802.1X認証を指定します。「radius」、「tacacs+」などが指定できます。


Switch_A(config)#aaa authentication dot1x default group ?
  WORD     Server-group name
  radius   Use list of all Radius hosts.
  tacacs+  Use list of all Tacacs+ hosts.

IEEE802.1X認証には、RADIUSを指定します。

Switch_A(config)#aaa authentication dot1x default group radius

●IEEE802.1Xによる認証を有効にします。

Switch_A(config)#dot1x system-auth-control

●IEEE802.1Xによる認証を行うインタフェースの設定を行います。

今回は、PC_Aが接続する「f0/1」が認証ポートになります。

Switch_A(config)#interface fastEthernet 0/1

ポートで認証を行うには、「access」モードにしておく必要があります。

Switch_A(config-if)#switchport mode access

IEEE802.1X認証を「f0/1」ポートで有効にします。ここでは、「auto」を指定しておきます。

Switch_A(config-if)#dot1x port-control auto

●Switch_AにIPアドレスを設定します。

 Switch_Aは、オーセンティケータになります。RADIUSサーバと通信するためにIPアドレスの設定が必要になります。

Switch_A(config)#interface vlan 1
Switch_A(config-if)#ip address 192.168.1.50 255.255.255.0
Switch_A(config-if)#no shutdown
Switch_A(config-if)#exit

●RADIUSサーバとの通信設定

RADIUSサーバのIPアドレスを指定し、使用するポート番号を指定します。

Switch_A(config)#radius-server host 192.168.1.100 auth-port 1812 acct-port 1813 key cisco

●Switch_Aの設定


!
version 12.1
no service pad
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname Switch_A
!
aaa new-model
aaa authentication dot1x default group radius
enable password cisco
!
ip subnet-zero
!
ip ssh time-out 120
ip ssh authentication-retries 3
!
spanning-tree mode pvst
no spanning-tree optimize bpdu transmission
spanning-tree extend system-id
dot1x system-auth-control
!
interface FastEthernet0/1
 switchport mode access
 dot1x port-control auto
 spanning-tree portfast
!
 ・
(略)
 ・
!
interface Vlan1
 ip address 192.168.1.50 255.255.255.0
 no ip route-cache
!
ip http server
radius-server host 192.168.1.100 auth-port 1812 acct-port 1813 key cisco
radius-server retransmit 3
!
line con 0
line vty 0 4
 password cisco
line vty 5 15
 password cisco
!
end

次の「IEEE802.1X(Linux編 基本設定 その2)」では、サプリカントとなるPC_Aを設定していきます。