SDMとは

 SDMとは、「Cisco Router and Security Device Manager」の略で、ルータのHTTP/HTTPSサーバー機能を使用して、WebブラウザからのGUIによる操作が可能なJava ベースのデバイス管理ツールです。

 家庭用のブロードバンドルータをWebブラウザで設定するのをイメージするとSDMがどんなものか想像しやすいと思います。

下の図が、SDMです。Web上で簡単に設定することができます。

 世の中の流れは、プロ志向のCUIによる設定ではなく、Webブラウザをインタフェースとする手軽で簡単な設定へと趣向が移っています。

 今までも、WebブラウザによるGUI操作が可能でしたが、設定の確認や動作状況の確認程度が行える程度で、満足のゆく設定はできませんでした。

 Cisco製品は、家庭用ブロードバンドと異なり、ビジネス用の本格的なネットワーク機器です。設定するには、どうしても専門的な知識が必要になりますし、コマンド自体も複雑です。Webブラウザで簡単に設定するには、少々無理があったのかもしれません。

 しかし、Ciscoも世の中の流れを意識したのか、WebブラウザによるGUI設定に力を入れてきました。そんな中で登場したのがSDMです。

 SDMは、Ciscoの気合とプライドを感じさるデバイス管理ツールです。とても洗練されたインタフェースを持っており、複雑だったコマンドも直観的な操作で簡単に設定できるようになっています。

SDMの概要

 ここでは、SDMの特徴とデメリットについて説明していきます。SDMを使用すると複雑だったコマンド設定も直観的な操作で簡単に設定できる反面、使いこなすには、それなりの技術力が求められます。

SDMの特徴

●Webによる直観的な操作で簡単に設定が行える。

初心者でも、簡単に設定できるウィザード形式で設定を行うことができるようになっています。

●日本語にも対応しており、オンラインヘルプとチュートリアルも充実している。
●CPU、メモリ、帯域等の監視が行える。

●PCもしくは、ルータのflashにSDMをインストールして使用する。

 ルータにSDMをインストールする場合、flashの空き容量が少ないとインストールできません。SDMの簡易版のSDM Expressをインストールするか、ファイル容量が小さいIOSにダウングレードさせてからインストールするなどの対処が必要です。
※PC側にもSDMをインストールすることができます。

SDMのデメリット

●対応している機種やIOSが限られる。

例えば、「SDM Version 1.0」の場合、サポートされているルータとCisco IOSのバージョンは、以下のようになります。

ルータIOS・バージョン
Cisco 831、836、83712.2(13)ZH 以降
Cisco 1701、1710、1721、1751、1751-v、1760、1760-v12.2(13)ZH 以降
12.2(13)T3 以降
12.3(1)M 以降
12.2(11)T6 はサポート対象外
Cisco 1711 および 171212.2(15)ZL
Cisco 2610XM、2611XM、2620XM、2621XM、
2650XM、2651XM、2691
12.2(11)T6 以降
12.3(1)M 以降
12.2(13)T3 はサポート対象外
12.2(13)ZJ
Cisco 3620、3640、3640A、3661、366212.2(11)T6 以降
12.3(1)M 以降
12.2(13)T3 はサポート対象外
Cisco 3725 および 3745Cisco 3725 および 3745
12.2(11)T6 以降
12.3(1)M 以降
12.2(13)T3 はサポート対象外

●IOSの全てのコマンド実行や設定が行えるわけではない。

 SDMは、基本的なネットワーク設計を熟知した中小企業のネットワーク管理者を対象として設計されている為、操作自体は簡単ですが、設定にはそれなりの知識が必要です。

 SDMを使用することで、手軽に設定を行うことができますが、CLIで設定することをGUIに置き換えただけです。 GUIで各種項目を選択したり、入力することが、実はCLIで設定するコマンドを完成させることに他なりません。

 設定する項目が意味するもの、指定するものが何であるのかを理解していないと、設定自体が簡単になったといっても、正しく指定できるわけではありません。

 SDMでは、CLIで設定するような、きめ細やかな設定が行えません。CLIでの設定に慣れていれば、もどかしく感じるかもしれません。しかし、設定の難しいVPNやQoSの設定を手軽に行えるのも事実です。

中小規模、SOHOレベルのネットワークの設定では、とても重宝するかと思います。