自宅でネットワークを構築する(中継器)

 新型コロナウイルスの影響もあり、リモートワーク、オンライン授業も普及して、益々、自宅のネットワークのニーズが高まっています。中でも無線LANは、ケーブル接続する必要がなく、家のどこにいてもインターネットにアクセスできるため重宝します。

 しかし、家中のどこからでもインターネットに接続したいが、電波を拾いにくい場所があり、インターネットの接続状態が安定しない場所がでてくることがあります。そのような場合、無線LAN中継器を使用すると、無線アクセスポイント同士の通信を可能にして、無線LANを拡張することができるので、安定したインターネット接続を実現できます。

 無線LANの中継器を購入しなくとも、無線ルータ(ブロードバンドルータ)の製品の多くは、ディップスイッチで、ルーターモードと中継器モードを切り替えることができる製品も多いので、中継器を新しく購入しなくとも、古い無線ルータを活用できるケースもあります。

 無線を中継する技術にWDS(Wireless Distribution System)がありますが、WDSの設定は、少々難しいので、新たに購入する場合は、設定が簡単な中継器がおすすめです。無線LANを拡張するには、WDSをサポートした無線ルータやイーサネットコンバーターと呼ばれる製品があります。

古いタイプのものは、アクセスポイントのMACアドレスを調べておいて、お互いのMACアドレスを登録するなど、設定のハードルが少々高めです。

 最近発売されている中継器は、Wi-Fi中継機などと呼ばれており、設定も簡単になっています。設定が簡単にできるかどうかは、メーカーのホームページで確認すると良いでしょう。専用のアプリで設定できる機種がオススメです。

 また、最近の無線LANルータは、電波出力が強化なので、中継器を機能を利用しなくとも、家全体に電波が届くかもしれません。無線ルータを設置する場所を変更してみることもオススメできます。

設置場所について

●設置場所について

 電波の強さは、目に見えてわからないので、電波の強さを測定するために、専用の測定器が必要になってきますが、非常に高価です。しかし、高価な専用の測定器を購入しなくとも、無線LANカードを挿したノートパソコンか、無線機能内蔵のノートパソコンがあれば、およその電波状態が測定できます。家の中で、ノートパ