無線ネットワークとは

 今や無線テクノロジは、企業においても家庭においても、ネットワークの構築に欠かせない存在になっています。

 何せ、無線では、LANケーブルを引き回して接続する必要がありません。ケーブル接続しなくても済むわけですから、端末の配置位置を気にする必要もありませんし、持ち運びした先でもネットワークに接続することができます。

 企業においては、ノートPCを会議室に持ち込んでネットワーク接続し、ネットワークから情報を引き出すことができます。家庭においては、ノートPCを持ち運ぶことで、リビングでも書斎でも寝室でも、家中どこにいてもネットサーフィンを楽しむことができます。

無線には、そんな手軽さがあります。

 無線機器も昔と比べて、随分と安くなりました。管理人が初めて購入した無線ブロードバンドルータは、7、8万円しましたが、今では、4,000円~10,000程度で購入することができます。無線LANカードにいたっては、2万円前後していた記憶がありますが、今では、1,000円~購入できます。

 無線機器と言えば、企業においては、有線LANと無線LANを相互接続する役割の無線ブリッジ(アクセスポイント)が、家庭においては、インターネットと家庭内LANを相互に接続する無線ブロードバンドルータが要になります。

 それらには、ファイアウォール機能や、DMZ機能、MACアドレスフィルタリング機能などがあります。この機能に関しては、特に無線に関する固有の機能ではないので、ここでは、説明は省略します。

無線固有の機能や特徴を上げると以下のことが挙げられます。

●暗号方式

 暗号化方式には、強度の順にAES、TKIP、WEPといった方式がありますが、昔の無線ブロードバンドルータでは、強度の高い暗号方式に対応していないものもあります。

●無線LAN規格

 また、使用できる無線LAN規格は、どの規格に対応しているのか、調べておく必要があります。無線LAN規格には、電波干渉に強いIEEE802.11a、障害物に強いIEEE802.11g、IEEE802.11bや、300Mbpsの転送が可能なIEEE802.11nがあります。古い無線ブロードバンドルータの場合、高速通信できる無線LAN規格に対応していないものがあります。

 IEEE802.11nは、300Mbpsの高速転送が可能です。これに対応しているブロードバンドルータは、少し割高になります。

●スループット

 古い無線ブリッジやブロードバンドルータは、スループットが低く、理論値のスピードが出ない製品もあります。これらの機器がネットワークのボトルネックになる可能性があるので、ネットワーク設計を行う際は注意が必要です。

これらのことに、注意をして購入するとよいと思います。

●電場出力の強さ

 最近のブロードバンドルータでは、電波出力が強化されているモデルもあります。電波が強力であれば、障害物に対しても強く、建物の隅々まで電波が届きます。電波が強力な製品ほど割高です。

 電波が遠くまで届くということは、セキュリティにも配慮しなければなりません。通信が傍受され、盗聴されるリスクも高まります。

●簡単設定

 無線の設定は、セキュリティの設定など、初心者にとって敷居の高い作業になりますが、簡単設定機能を備えている