無線LAN(SSID・ESSID)

 アクセスポイント(無線ブリッジ、無線ブロードバンドルータなど)を識別するために、IEEE 802.11シリーズの無線LANでは、SSIDという識別子を使用しています。この識別子は、32文字までの任意の英数字が設定できます。

 ESSIDとは、複数のアクセスポイントを設置したネットワークでも使用できるようにネットワーク識別子を拡張したもので、現在では、ESSIDの意味で、SSIDという言葉が使われれています。

SSIDは、アクセスポイントと端末に、設定するようになっており、SSIDが一致する端末としか通信できないようになっています。

 SSIDによってアクセス制限が可能である為、無線LANのセキュリティ機能の一つとして、みなされた時期もありましたが、今では、セキュリティ機能とは呼べる機能ではなくなっています。

 無線クライアント側のSSIDに、どのアクセスポイントにも接続できる「ANY」または、「空白」を設定すると通信可能になってしまいます。また、多くのアクセスポイントでは、全ての無線クライアントに対してSSIDを教える信号である「ビーコン」と呼ばれるフレームを発信しています。

このフレームの中にSSIDが含まれているのです。

そのため、SSIDを設定しなくとも通信できてしまいます。

 そこで、無線アクセスポイントは、製品によって、セキュリティに配慮して「ANY」が設定された端末からの接続を拒否する機能を持つものや、自身のSSIDを周囲に知らせるビーコン信号を停止するステルス機能を持った製品もあります。

 SSIDを隠す機能であるステルス機能を使用すると、アクセスポイントを隠すことができセキュリティを高めることができます。

無線LAN(ANY接続・ステルス機能)

多くの無線ブロードバンドルータでは、ANY接続がデフォルトで許可されています。

 古い無線ブロードバンドルータの場合、ANY接続を拒否する機能が付いていない製品もあります。その場合、ANY接続は、常に許可された状態となります。

 ANY接続を許可すると、無線クライアント側の設定が、とても簡単になります。一覧の中から選択するだけで、無線ネットワークに接続できるように