ADSLとは

 ADSLとは、Asymmetric Digital SubscriberLine(非対称デジタル加入者線)の略で、一般の電話線(メタリックケーブル)を利用して高速なデータ通信を行う技術です。

 電話の音声を伝えるのに使用する周波数帯は、4kHz未満の低周波です。電話線には、それ以上の高周波を伝送する能力があり、ADSLでは音声には使わない高周波数帯を使って通信を行ないます。

 ADSLは、xDSL技術の一種です。xDSLとは、音声よりも高い周波数帯を使うことで、高速なデータ転送を行う技術のことで、データ転送の方式の違いでADS、SDSL、HDSL、VDSLなどの種類があります。

 ADSLは、非対称デジタル加入者線の名前の通り、上りと下りの速度が違うという特徴を持っています。上りよりも下りの方が、伝送能力が高くなっています。

 これは、一般的なインターネット利用を行った場合、アップロードよりもダウンロードの方が、遥かに多く利用するからそういう仕様になっています。

 ブロードバンド接続には、ADSLの他に、FTTHやケーブルTVなどもありますが、FTTHやケーブルTVの場合、屋内への配線工事と専用のモデムの設置が必要なため、ADSLより導入がやや困難であったり、費用が高くつきます。

 ADSLは、電話線をそのまま利用でき、配線工事も簡単で、利用サービス料も安価なため、導入が手軽であるというメリットがあります。

 そのため、ADSLは、手軽に利用できるブロードバンド接続として、広く普及しています。また、FTTHやケーブルTVと比べると速度が遅いのが難点でしたが、高速なADSLが登場しており、下りが50Mbpsのスピードが出せるものや、上りのスピードも従来のADSLと比べて遥かに速いスピードが出せるものもあります。

リーズナブルな値段で、高速ブロードバンド環境を手に入れることができるのが、ADSLの最大のメリットです。

ADSLの仕組み

ADSLの接続構成例は、下図の通りです。

●スプリッタ

 ADSLでは、電話線を使用します。、電話線上には電話通話用の低周波信号と、インタ