プロトコルとは

プロトコル(protocol)とは、広辞苑で、その意味を調べると

  1. 条約の原案、議定書
  2. 外交儀礼
  3. コンピューター‐システムで、データ通信を行うために定められた規約。情報フォーマット、交信手順、誤り検出法などを定める。

とあります。

なぜ、プロトコルがないと困るのでしょうか?

スポーツで例えてみます。

野球のルールを知らなければ、野球はできません。

また、対戦相手も野球のルールを知っていなければ、なりません。

こちらが、野球のルールで、対戦相手がサッカーのルールでプレイするのであれば、試合が成り立ちません。

つまり、お互いが、同じルールを使用しなければ、試合が成り立ちません。

 実社会においても、プロトコル(約束事)がなければ、国同士が良い関係を結ぶことができません。政治、経済、貿易などで摩擦が生じてしまいます。

下手をすると、戦争を引き起こしてしまうかもしれません。両者が良い関係を結ぶには、両者間に約束事が必要です。

ネットワークの世界でも同じことが言えます。

お互いに同じルールに基づいて通信しなければ、通信が成り立ちません。

 例えば、2台のコンピュータ間で、通信を行おうとする場合、事前に、たくさんの約束事(プロトコル)を取り決めておかないと通信できないのです。

  • ケーブルの形状
  • 電気信号
  • コネクタの形状
  • エラー訂正

これら、どれか1つでも欠けるだけで通信はできません。

プロトコル(約束事)は、たくさんあります。

 例えば、シリアルポートの規格であるRS-232-C、モデムの規格であるV.90、V.34、ブロードバンド接続のADSL、FTTHなどです。LANで使用されるイーサネットもプロトコルです。

 このように、様々な種類のプロトコルがあります。その中でも、インターネットやLANで最も普及して一般的に使われているのがTCP/IPプロトコルです。

 ネットワークを理解する上で、TCP/IPプロ