RARP

RARP(Reverse Address Resolution Protocol)とは、ARPと逆の動作をするプロトコルです。

 ARPは、IPアドレスからMACアドレスを取得しますが、RARPは、MACアドレスから、IPアドレスを取得します。 RARPは、主にディスクレスパソコンのようなIPアドレスを保存することができない端末が使用します。

 ディスクレスパソコンは、IPアドレスを保存できるハードを持たないので、ネットワークに参加する段階では、自分のMACアドレスしか分からないことになります。

そこで、次の手順を使って自分のIPアドレスを取得します。

1.自分のMACアドレス、自分のIPアドレスはにブランクを入れたRARP要求パケットを、ブロードキャストアドレスで送出する。

2.RARPサーバが、RARP要求パケットを受け取り、問い合わせのあったMACアドレスに対応するIPアドレスを一覧から探し出す。

3.問合せのあったディスクレスパソコンにRARP応答を返す。このパケットには、MACアドレスと発見したIPアドレスが書き込まれている。

RARPは、MACアドレスから、IPアドレスを取得します。 

RARPの動作は、次の2つのやり取りからなります。

RARP要求

自分のMACアドレス、自分のIPアドレスはにブランクを入れたパケットを、ブロードキャストアドレスで送出する。

RARP応答

RARPサーバが、RARP要求の送信元に、割り当てるIPアドレスが書き込んだパケットを送信する。

RARPヘッダの構造

RARPヘッダ構造は、ARPヘッダと共通です。オペレーションコードで、使い分けるようになっています。

※イーサネットの場合

オペレーションコード(ARP/RARP)

ARPの動作の種類を表すためのコードが入る。

コード 動作
1 ARP要求
2 ARP応答
3 RARP要求
4 RARP応答

 RARPで得られる情報は、IPアドレスだけです。サブネットマスクやゲートウェイアドレス、DNSサーバアドレスなど今日のIPコンフィグに欠かせない情報を得ることができません。

現在では、より機能の充実したBOOTPやDHCPによる自動設定が主流となっています。