MACアドレスフィルタリングにおける注意

 MACアドレスは、デバイスマネージャやツールを使用することで、簡単に変更することができます。このことは、MACアドレスは、簡単に偽装できるということを意味しています。

MACアドレスフィルタリングを行っている場合、MACアドレスの偽装が脅威となります。

「MACアドレスの偽装なんて、自宅のネットワークでは関係ないのでは?」

と思われるかもしれませんが、身近なところで、MACアドレスのフィルタリングは、行われています。

今では、自宅でも高速無線LANを構築する次代です。

 皆さんの自宅でも、無線ルータに登録したMACアドレス以外は、無線LANのアクセスポイントに接続しないように設定していないでしょうか?

 登録したMACアドレスを持つ端末だけしか、無線アクセスポイントに接続できないようにする設定は、非常に簡単で手軽ではありますが、MACアドレスを偽装されて、接続された場合は無力です。

 MACアドレスは、ネットワーク上を流れてくるトラフィックをモニターしていれば、MACアドレスは、暗号化されないので