OSI参照モデル(データの流れ)

各通信レイヤは、レイヤ固有のPDUを使って同レイヤとピアツーピアで通信を行います。

PDU(Protocol Data Unit)とは、各レイヤが扱うデータの単位のことです。

OSI参照モデルでのデータ通信の流れは、下の図のようになります。

OSI Data Flow

送信元PCのデータは、

 アプリケーション層→プレゼンテーション層→セッション層→トランスポート層→ネットワーク層→データリンク層→物理層

と上位層から下位層へとデータが渡されて行きます。

最後の物理層では、「0」と「1」のビットパターンに符号化され電気信号としてケーブル上に流れて行きます。

そして、宛先PCに到達すると今後は、

物理層→データリンク層→ネットワーク層→トランスポート層→セッション層→プレゼンテーション層→アプリケーション層

下位層から上位層にデータが渡されて行きます。

上位層から下位層へデータを渡す際に、「ヘッダ」と呼ばれる制御情報を付加して渡していきます。

PDU

例えば、通信プロトコルにTCP/IPが使用されているとします。

 データが、トランスポート層まで降りてくると、 ポート番号やシーケンス番号、確認応答番号などの情報を付加してネットワーク層に渡します。

ポート番号・・・アプリケーションを識別する番号です。FTPなら20と21、WWWなら80。
シーケンス番号・・・セグメントの順番を表す番号。

ネットワーク層では、送信元IPアドレス、宛先IPア