ネットワークトポロジーの種類

ネットワークの接続形態を表す概念としてネットワークトポロジーがあります。

代表的な形態に、以下のようなものがあります。

  • バス型
  • スター型
  • リング型

 これらは、見た目(物理的)でこのような名称が付けられています。他にも、いくつかの形態があります。

バス型トポロジー

 複数のノードを1本の媒体で接続する形態をバスト型ポロジーと言います。この形態は、10BASE-2や10BASE-5の同軸ケーブルで構築されるネットワークで用いられます。

 1本のケーブルに端末を接続詞、ケーブルの両端にはターミネータを取り付けます。このターミネータは、終端抵抗で信号がケーブルの端で反射してノイズになるのを防いでいます。

 1本のケーブルを共有するため、ケーブルの断線が、ネットワーク全体に障害をもたらします。ノード数が増えるほど衝突の発生率が高くなります。現在では、ほとんど用いられないトポロジーです。

 バス型トポロジについて簡単にまとめます。バス型トポロジは、すべてのコンピュータが1本のケーブルまたはバスに接続されているネットワーク形態です。データは1つのコンピュータから送信され、バスを介して他のすべてのコンピュータに伝送されます。各コンピュータは、データを受信して必要に応じて処理するか、単純に無視することができます。

 バス型トポロジは、比較的小規模なネットワークに適していますが、大規模なネットワークには向いていません。バスに問題が発生すると、ネットワーク全体がダウンする可能性があります。また、バスに接続されたすべてのコンピュータがデータを傍受できるため、セキュリティ上のリスクがあるという欠点があります。

スター型トポロジー

 複数のノードをHUBなどの中心となる通信機器を介してスポーク状に接続する形態をスター型トポロジーと言います。ケーブルの配線が他のトポロジと比べ容易で自由度が高いため現在、主流となっています。形態をツリー型に構成することもできます。

 ケーブルの断線がネットワーク全体に障害をもたらさず、局所化することができます。10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-Tなどが、この接続形態をとり、ツイストペアケーブルで配線します。

 スター型トポロ