ローカルループバックアドレス

 予約された特殊なIPアドレスの中に、ローカルループバックアドレスがあります。ここでは、ローカルループバックアドレスについて説明して行きます。

 ローカルループバックアドレスは、「127.0.0.1」のことです。このアドレスは、自分自身を示す仮想的なIPアドレスです。「127.0.0.1~127.255.255.254」の範囲内ならば、どのIPアドレスでも利用できます。

※ただし、「127.0.0.0」と「127.255.255.255」は、除外される。

 ローカルループバックアドレスは、「127.0.0.2」でも「127.0.0.3」でも、範囲内であれば何でもよいわけですが、一般的には「127.0.0.1」だけが利用されています。

 このローカルループバックアドレスは、ネットワーク端末で、TCP/IPが有効になっているかを確認したり、自分自身の上で動作しているサービスへ接続する場合に使用します。

また、このアドレスは、「localhost」という名前でも参照することができます。

 最近のOSでは、TCP/IP は、標準になっており、インストールする必要はありません。Windows 9xでは、ユーザーがTCP/IPプロトコルをインストールする必要ありました。

 基本的に TCP/IP が有効になっているかを確認する必要は、昔に比べると少なくなってきています。NICを交換したり、追加した場合などに、NICが正しく動作しているのかを確認します。

ローカルループバックアドレスを簡単に体験してみるために、コマンドプロンプトを起動させます。

下図は、Windows Vistaの画像です。

コマンドプロンプトを起動するするには、メニューから選択するか、直接「cmd」と打ち込んで起動させます。

※OSにより「ファイルを指定して実行」にて、「cmd」と打ち込んで起動させます。

 それでは、

C:¥>ping 127.0.0.1

と入力してみます。

 応答が帰ってきました。

続いて、「ping 127.0.0.2」と入力しても応答が帰ってくるか試してみます。

C:¥>ping 127.0.0.2

 「ping localhost」と入力しても応答が帰ってくるか試してみます。

 応答が帰ってきます。

hostsファイル

「localhost」は、以下のファイルで定義されています。

C:\Windows\System32\drivers\etc\hosts

●hostsファイルの中身

# Copyright (c) 1993-2006 Microsoft Corp.
#
# This is a sample HOSTS file used by Microsoft TCP/IP for Windows.
#
# This file contains the mappings of IP addresses to host names. Each
# entry should be kept on an individual line. The IP address should
# be placed in the first column followed by the corresponding host name.
# The IP address and the host name should be separated by at least one
# space.
#
# Additionally, comments (such as these) may be inserted on individual
# lines or following the machine name denoted by a '#' symbol.
#
# For example:
#
# 102.54.94.97 rhino.acme.com # source server
# 38.25.63.10 x.acme.com # x client host

127.0.0.1 localhost
::1 localhost

上の黄色の網掛けになっている部分が定義です。

自分自身のサービスが動作しているを確認する時にもローカルループバックアドレスを使用します。

 例えば、Webサーバとして動作しているのなら、ブラウザを起動して、URLに「http://localhost/」と入力して、サービスに接続して動作確認が行えます。