サブネットマスクとの論理積

 サブネットマスクは、IPアドレス上のネットワークアドレス部分とホストアドレス部分の間仕切り位置を示すために使用します。

 サブネットマスクでは、ネットワークアドレス部分を「1」、ホストアドレス部分を「0」と表現することで、ネットワークアドレス部分とホストアドレス部分の間仕切り位置を表します。

 また、サブネットマスクは、ネットワークアドレス部分とホストアドレス部分の間仕切り位置を示す以外にも、IPアドレスとの論理積をとることで、IPアドレスが所属するネットワークアドレスを知ることができます。

まずは、計算が楽な8ビット刻みの、サブネットマスクを使って説明します。

まず、始めに「150.10.1.1/16」を使って説明します。

 「150.10.1.1/16」は、クラスBで、デフォルトのサブネットマスクである「255.255.0.0」を使っていることがわかります。

「150.10.1.1/16」と「255.255.0.0」との論理積(AND演算)を求めます。

論理積とは、

 0 AND 0 = 0
 0 AND 1 = 0
 1 AND 0 = 0
 1 AND 1 = 1

となる演算のことです。表にまとめるの以下のようになります。

AB論理積
000
010
100
111

 「150.10.1.1/16」と「255.255.0.0」とのAND演算を行うには、2進数に変換すると理解しやすいので、2進数に変換します。※8ビット刻みのサブネットの場合は、暗算ですぐに計算できます。