デフォルトゲートウェイ

 デフォルトゲートウェイとは、所属するネットワークの外へアクセスする際に使用する「出入り口」の代表となる機器のことです。一般的には、ルータがデフォルトゲートウェイになります。

下の図を見て下さい。

 「150.10.1.0/24」ネットワークに所属するPC_A、PC_Bのデフォルトゲートウェイは、ルータの「150.10.1.0/24」に接続するインターフェイスに割り振られた「150.10.1.1/24」になります。

 「150.10.2.0/24」ネットワークに所属するPC_Cのデフォルトゲートウェイは、ルータの「150.10.2.0/24」に接続するインターフェイスに割り振られた「150.10.2.1/24」になります。

 コンピュータなのどネットワーク端末には、IPアドレスの他に、デフォルトゲートウェイなどのIPアドレスが設定されています。コンピュータのTCP/IPプロトコルのプロパティを確認してみます。

デフォルトゲートウェイが設定されていますね。

それでは、PC_AがPC_Cと通信する際のこのデフォルトゲートウェイがどのように使われるかを説明してゆきます。

PC_A(送信元) ・・・ 150.10.1.10/24
PC_C(宛先)  ・・・