ARP要求の中身

ここでは、ARP要求の中身について、詳しく説明して行きます。

 コンピュータAが、コンピュータEのIPアドレスからコンピュータEのMACアドレスを解決するために使用するARP要求パケットの中身について説明していきます。

コンピュータAが送信するARP要求パケットは下の構成になっています。

◆MACヘッダ

 イーサネットフレームのヘッダには、宛先MACアドレス、送信元MACアドレス以外もありますが、ここでは、宛先MACアドレス、送信元MACアドレスだけを示します。

ARP要求は、ブロードキャストになります。そのため、宛先MACアドレスは、「FF:FF:FF:FF:FF:FF」になります。

宛先MACアドレス送信元MACアドレス
FF:FF:FF:FF:FF:FF00:17:42:5B:33:01

◆ARPヘッダ

ARP要求パケットのヘッダは、次のようになります。

目標MACアドレスは、分からないので「0」が格納されます。