ルータを超える場合のARP

ここでは、ルータを超える宛先にある端末と通信する場合のARPの動作について解説します。

下の図を見て下さい。コンピュータAからコンピュータFへ通信する場合のARPの動作は、どうなるのでしょうか?

コンピュータA、コンピュータFのIPアドレスは次のようになっています。

コンピュータAのIPアドレス・・・192.168.1.1/24
コンピュータEのIPアドレス・・・192.168.2.1/24

コンピュータAは、コンピュータFと同じネットワークに所属するかどうかを調べます。

 コンピュータAが所属するネットワークは、自分のIPアドレスと自分に設定されたサブネットマスクから論理積を求めることで知ることができます。

192.168. 1. 1 ←コンピュータAのIPアドレス
AND 255.255.255. 0 ←コンピュータAに設定されたサブネットマスク
-----------------------
192.168. 1. 0

 コンピュータFが所属するネットワークは、コンピュータFのIPアドレスと自分に設定されたサブネットマスクから論理積を求めることで知ることができます。

192.168. 2. 1 ←コンピュータEのIPアドレス
AND 255.255.255. 0 ←コンピュータAに設定されたサブネットマスク
-----------------------
192.168. 2. 0

そうすると、コンピュータAとコンピュータFは、異なるネットワークに所属することが分かります。

 コンピュータAは、自分の所属する「192.168.1.0/24」ネットワークでコンピュータFに対するARP要求を行っても、そこには、コンピュータFが存在しないことが分かるので、コンピュータFに対するARP要求は行いません。

 そこで、コンピュータAは、デフォルトゲートウェイであるルータの「192.168.1.254」のIPアドレスが振られたF0インターフェイスにパケットを送信しなければ、ならないことが分かります。

 「192.168.1.254」に対応するMACアドレスが、自分のARPテーブルに存在するかど