可変長サブネットマスク(VLSM)

 VLSMとは、簡単に説明するとサブネットのサブネット化です。サブネット分割したものをさらに分割します。VLSMでは、階層型にアドレスを割り当てることができるため、サブネットを集約して扱うことができます。

 サブネットを集約できるということは、ルータにとって、ルーティングテーブルのサイズを縮小することができるため、ルーティング検索にかかる CPU やメモリへの負荷を少なくすることができます。

 また、複数のサブネットマスク長の使用が可能なため、効率的にアドレススペースを活用することができます。例えば、下のネットワーク構成では、ルータ間の IP アドレスが、28個も無駄になってしまいます。

そこで、VLSMでIPアドレスの割り当てを行うと、例えば、以下のように割り当てを行うことができます。

 「192.168.1.0/24」を8つに分割した最後のサブネット「192.168.1.224/27」をさらに、8つにサブネットに分割したサブネットをルータ間に割り当てています。

 将来、拡張用として LAN に4つのサブネット、将来、拡張用として WAN 接続(ルータ間)に5つサブネットを残しておくことができます。

ここで、分割した例は、ほんの一例で、IPアドレスの範囲が重ならなければ、どのサブネットを分割してもかまいません。

また、それぞれ異なるプレフィックスも用いることもできます。

 28ホストのネットワーク ・・・ 「/27」
 14ホストのネットワーク ・・・ 「/27」
 ※ルータのインタフェースを加えると15個のIPアドレスが必要
 10ホストのネットワーク ・・・ 「/28」
 ルータ間        ・・・ 「/30」

VLSMにおける留意点

VLSMでは、以下のことに留意しておく必要があります。

①VLSMに対応したルーティングプロトコルを使用する。

 VLSMに対応しているRIPv2、EIGRP、OSPF などのルーティングプロトコルを使用する必要があります。不連続サブネットの問題に対処するために必要に応じて、自動集約を無効にするなどの対応が必要になる場合があります。

②階層型ネットワークの設計を行う。

 階層型ネットワークの設計を行い連続サブネットを割り当てるようにアドレッシング計画を立て、集約の計画を綿密に立てる必要があります。

 可能な限り不連続サブネットを割り当てないように計画を立てる必要があります。一度割り当てを行うと後からの変更は、困難だからです。

③サブネット0が使用できるか確認をする。

 稀なケースですが、一部の古いルータでは、サブネット用に拡張したオール0サブネットとオール1サブネットが利用できないルータがあります。ルータの IOS を最新のバージョンにアップグレードして対応できる場合があります

④各サブネットの範囲が他のサブネットの範囲と重ならないようにする。

 アドレッシングの計画の段階で、念入りな確認を行います。単純なサブネット分割とことなり、VLSMでは、より複雑な分割を行うからです。

⑤WANリンク(ポイントツーポイント)には、「/30」を割り当てる。

 WANリンク(ポイントツーポイント)では、ルータのインタフェースに割り当てるIPアドレスが 2 つだけで、済みます。余分な IP アドレスを割り当ててしまわないように「/30」を割り当てて、IPアドレスを節約します。

⑥将来のネットワークの成長を見込んで計画を立てる。

 一度、割り当てたIPアドレスを後から変更するのは大変です。利用できるIPアドレスを全て使い切ってしまうのではなく、将来、必要となるサブネット数とホスト数の予測を見越した上で、アドレッシング計画を立てる必要があります。

チャンネルの紹介