ルーティングプロトコルの種類

動的にルーティングテーブルの維持と管理を行うルーティングプロトコルには、複数の種類があります。

大きく分けると次の2種類に分類することができます。

  • 自律システム間のルーティング用
  • 自律システム内ルーティング用

自律システムとは、別名、AS(Autonomous System)と言い、1つの管理ポリシーで制御されるネットワークの集合体のことです。

※複数の管理ポリシーで制御される場合もあります。

 自律システムは、ISP やプロバイダなどに IANA により一意な番号が割り振られ、管理されています。LAN内で使用する場合は、管理者が任意に割り当てて使用することができます。

インターネットは、この自律システムが複数集まって形成しています。

 自律システム間のルーティングを行うプロトコルをEGP(Exterior Gateway Protocol)と呼び、自律システム内のルーティングを行うプロトコルは IGP(Interior Gateway Protocol)と呼びます。

EGP、IGPには、以下のような種類があります。

EGP

  • EGP (Exterior Gateway Protocol)※種別と同名で紛らわしい。
  • BGP (Border Gateway Protocol)

BGPは、様々なパス属性があり、複雑な条件でルートを決定します。

IGP

  • RIP (Routing Information Protocol)
  • OSPF (Open Shortest Path First)
  • IS-IS (Intermediate Sysytem to Intermediate Sysytem)
  • IGRP (Interior Gateway Routing Protocol)
  • EIGRP (Enhanced Interior Gateway Routing Protocol)

チャンネルの紹介