ARPの動作検証(その2)

ARPの検証(その1)」の続きです。

ここからは、ARP のブロードキャストの動きに注視して、検証を続けていきます。

●時間を1ステップ進めます。

・「Play Controls」の「▶|」ボタンをクリックします。

宛先MACアドレスが、FFFF.FFFF.FFFFのブロードキャストであるため、PC2~PC5のすべてのPCにARP要求が届きます。

・①の封筒をクリックします。

 PC2は、ARP応答を返信します。送信元のMACアドレスは、PC2のMACアドレスがセットされています。PC2以外のPC3、PC4、PC5は、自分宛のパケットではないため、パケットを破棄します。

●時間を1ステップ進めます。

・「Play Controls」の「▶|」ボタンをクリックします。

・SwichのMACアドレステーブルを表示します。

Switch#show mac-address-table 
          Mac Address Table
-------------------------------------------

Vlan    Mac Address       Type        Ports
----    -----------       --------    -----

   1    0001.c9d1.8982    DYNAMIC     Fa0/1
   1    00e0.f7e5.d7ce    DYNAMIC     Fa0/2
インターフェイスMACアドレス
f0/10001.c9d1.8982
f0/200e0.f7e5.d7ce
f0/3
f0/4
f0/5

 f0/2に「00e0.f7e5.d7ce」のデバイスが繋がっていることを学習しています。このMACアドレスは、PC2のMACアドレスです。スイッチは、ARP応答の送信元MACアドレスを見て、f02 に PC2 が繋がっていることを学習します。

●時間を1ステップ進めます。

・「Play Controls」の「▶|」ボタンをクリックします。

PC1にPC2からのARP応答が届きます。

・①のICMP Echo要求の封筒をクリックします。
PC2の宛先MACアドレスが、セットされていることが確認できます。

関連コンテンツ