BGP(MED属性の確認)

BGP(MED属性の設定 その2)」の続きです。

 Router_Aで、「20.20.20.0/24」の経路にMED値「100」を付随させた経路情報をRouter_Cに、MED値「200」を付随させた経路情報をRouter_Bにアドバタイズするように設定しました。

 このことが、AS200に、どのような影響を与えたのかを、ここでは検証してゆきます。

 AS200内のBGPスピーカーは、MED値が低い、MED値100の経路をベストパスとして採用し、その結果、「20.20.20.0/24」へは、Router_Cを通り、「172.17.0.1」を経由するようになるはずです。

まずは、Router_BのBGPテーブルを確認します。

Router_B、Router_C、Router_DのBGPテーブルを確認します。

●Router_BのBGPテーブル

Router_B#show ip bgp
BGP table version is 11, local router ID is 1.1.1.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    172.16.0.1             0             0 100 i
* i                 172.17.0.1             0    100      0 100 i
*  20.20.20.0/24    172.16.0.1           200             0 100 i
*>i                 172.17.0.1           100    100      0 100 i

●Router_CのBGPテーブル

Router_C#show ip bgp
BGP table version is 5, local router ID is 2.2.2.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    172.17.0.1             0             0 100 i
* i                 172.16.0.1             0    100      0 100 i
*> 20.20.20.0/24    172.17.0.1           100             0 100 i

●Router_DのBGPテーブル

Router_D#show ip bgp
BGP table version is 6, local router ID is 3.3.3.3
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
* i10.10.10.0/24    172.17.0.1             0    100      0 100 i
*>i                 172.16.0.1             0    100      0 100 i
*>i20.20.20.0/24    172.17.0.1           100    100      0 100 i

各ルータにおいて、「20.20.20.0/24」の経路は、「172.17.0.1」を経由するパスがベストパスになっています。

 Router_Bにとって「20.20.20.0/24」へは、「172.16.0.1」を経由する方が近いにも関わらず、「172.17.0.1」を経由するパスがベストパスになっています。

ただし、今回の設定では、

Router_Bから、「20.20.20.0/24」へのPing
Router_Dから、「20.20.20.0/24」へのPing

は、できないので注意して下さい。

 このように、MED属性を付随させることで、外部ASのネイバールータに対して、自ASへの優先パスを示すことができるようになります。