BGP(ピアグループの確認)

 「BGP(ピアグループの設定 その2)」の続きです。

 先ほどの設定した、ピアグループの設定を検証していきます。

 Router_Bにおいて、「10.10.10.0/24」の経路情報をブロックするように更新ポリシーを定義しました。

Router_C、Router_Dにおいて

 「10.10.10.0/24」の経路情報がアドバタイズされていないかを確認します。

ネットワーク構成図は、以下になります。

まずは、Router_BのBGPテーブルを確認します。

●Router_BのBGPテーブル

Router_B#show ip bgp
BGP table version is 3, local router ID is 1.1.1.1
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*> 10.10.10.0/24    172.16.0.1             0             0 100 i
*> 20.20.20.0/24    172.16.0.1             0             0 100 i

AS100内のルート「10.10.10.0/24」、「20.20.20.0/24」の経路情報があります。

Router_CのBGPテーブルを確認します。

●Router_CのBGPテーブル

Router_C#show ip bgp
BGP table version is 4, local router ID is 2.2.2.2
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*>i20.20.20.0/24    172.16.0.1             0    100      0 100 i

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_Cのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Cのルーティングテーブル

Gateway of last resort is not set

     1.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       1.1.1.1 [110/65] via 172.17.0.1, 02:08:29, Serial0
     2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
C       2.2.2.2 is directly connected, Loopback0
     3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       3.3.3.3 [110/129] via 172.17.0.1, 02:08:30, Serial0
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       20.20.20.0 [200/0] via 172.16.0.1, 00:35:41
O    172.16.0.0/16 [110/74] via 172.17.0.1, 02:08:30, Serial0
C    172.17.0.0/16 is directly connected, Serial0
O    172.18.0.0/16 [110/128] via 172.17.0.1, 02:08:30, Serial0

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_DのBGPテーブルを確認します。

●Router_DのBGPテーブル

Router_D#show ip bgp
BGP table version is 10, local router ID is 3.3.3.3
Status codes: s suppressed, d damped, h history, * valid, > best, i - internal
Origin codes: i - IGP, e - EGP, ? - incomplete

   Network          Next Hop          Metric LocPrf Weight Path
*>i20.20.20.0/24    172.16.0.1             0    100      0 100 i

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_Dのルーティングテーブルを確認します。

●Router_Dのルーティングテーブル

Gateway of last resort is not set

     1.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       1.1.1.1 [110/65] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
     2.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
O       2.2.2.2 [110/129] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
     3.0.0.0/32 is subnetted, 1 subnets
C       3.3.3.3 is directly connected, Loopback0
     20.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
B       20.20.20.0 [200/0] via 172.16.0.1, 00:37:07
O    172.16.0.0/16 [110/74] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
O    172.17.0.0/16 [110/128] via 172.18.0.1, 02:09:47, Serial0
C    172.18.0.0/16 is directly connected, Serial0

「10.10.10.0/24」の経路情報がありません。

Router_C、Router_D上に「10.10.10.0/24」の経路情報がアドバタイズされていないことが確認できました。

 このように、ピアグループを使用すると同一のポリシー更新をピアグループに所属するピアに適用することができます。

 また、より多くのオプションが必要なピアについては、差分を指定するだけで済みます。オブジェクト指向のプログラミングと発想が似ています。

 ピアグループを使うことで、大規模なネットワークの設定を簡略化することができます。簡略化できるということは、設定ミスによるエラーも削減することにもつながります。

ということで、ネットワークの規模が大きいBGPでは、ピアグループは重宝する機能となっています。