BGP(コミュニティとは)

BGP経路を制御するには、以下の方法があります。

  • 配布リスト
  • プレフィックスリスト
  • ルートマップ

 しかし、これらの制御では、ネットワークの規模が大きくなり、ルータの台数が増えてくると、どうしても煩雑になってしまいます。

 そこで、BGPでは、この問題を克服するために「コミュニティ」という機能が用意されています。

 コミュニティを使用すると、経路情報にCOMMUNITY属性に値をセットすることで、COMMUNITY属性に基づいて、ポリシーどおりに経路情報を操作することが可能になります。

COMMUNITY属性は、16進数で00000000~FFFFFFFFの値で表現します。

※00000000~0000FFFF、FFFF0000~FFFFFFFFは、予約されています。

 COMMUNITY属性は、4オクテットからなり、一般的には、上位2オクテットにAS番号、残りの下位2オクテットにポリシーを表す数値を入れ、上位2オクテットと下位2オクテットの間に「:」で区切って表現します。

16進数だとちょっと扱いにくいですよね!10進数でも扱うことができます。

COMMUNITY属性を 「100:200」のように10進数表記にするには、次のコマンドを入力します。

Router(config)#ip bgp-community new-format

COMMUNITY属性の値は、ユーザーが自由に定義することができます。

あらかじめ、COMMUNITY属性には、定義済みのものがあります。

代表的なものに以下のものがあります。

no-exporteBGPピアにアドバタイズしません。他ASに経路情報を転送しない。
no-advertiseeBGP、iBGP共にアドバタイズしません。他ルーターに経路情報を転送しない。
local-as 同じコンフェデレーションに属する他のサブASにアドバタイズします。外部のサブASに、アドバタイズしません。
no-export-subconfedコンフェデレーションにおいて、他メンバーASに経路情報をアドバタイズしない。
internet 全てのBGPスピーカーがデフォルトで所属します。経路のフィルタリングは行われません。

コミュニティの設定