RIP Version1

 ルーティングプロトコルのアルゴリズムには、大きく分けて2種類のアルゴリズムがあります。1つは、小規模ネットワーク向けのディスタンスベクターで、もう1つは、中大規模向けのリンクステートです。

 RIPは、歴史あるルーティングプロトコルでディスタンスベクターに分類されます。特徴としては、30秒に1回の割合で、隣接ルータに自分の持っているルーティンテーブルのコピーを交換します。

 メトリックには、宛先ネットワークまでに経由するルータの数が使用され、最も経由するルータの数が少ないルートを採用します。RIPの最大ポップス数は、15に制限され、16は到達不能になります。

 ディスタンスベクタールーティングプロトコルの特徴として、バケツリレーでルーティング情報を交換することから、ネットワークの構成が変化した場合に各ルータがコンバージェンスするまで時間がかかってしまうことが挙げられます。

 そのため、ルーティングループが発生しやすい特徴があります。このループを防ぐためにスプリットホライズン(Split Horizon)などのアルゴリズムが採用されています。

RIPの紹介は、これぐらいにしておいて、早速、RIPでネットワークを構築してみましょう。

まずは、RIPを設定するためのコマンドを把握しておきましょう!

●スタティックルートを設定するコマンド

ADD IP RIP INTERFACE=vlan-if [IP=ipadd] [SEND={NONE|RIP1|RIP2|COMPATIBLE}] [RECEIVE={NONE|RIP1|RIP2|BOTH}] [DEMAND={YES|NO}] [AUTHENTICATION={NONE|PASSWORD|MD5}] [PASSWORD=password]

vlan-if: VLANインターフェイス(VLAN-nameかVLANvidの形式。nameはVLAN名、vidはVLAN ID)
ipadd: IPアドレス
password: パスワード(1~16文字)

SEND: 送信するRIPパケットのフォーマット。NONEは送信しない。RIP1はバージョン1形式、RIP2はバージョン2形式で送信する。 COMPATIBLEはバージョン2形式で送信するが、RIP1互換の経路エントリー(クラスフルなネットワークアドレス)しか送信しない。デフォルトは RIP1。

RECEIVE: 受信するRIPパケットのフォーマット。NONEは受信しない。RIP1はバージョン1形式のみ受信。RIP2はバージョン2形式のみ受信。BOTHは バージョン1、2ともに受信するが、ナチュラルサブネットマスク(クラス標準マスク)を使用したネットワークアドレスしか受信できない。デフォルトは BOTH。

DEMAND: トリガーアップデートを使用するかどうか。デフォルトはNO。

AUTHENTICATION: RIP Version2使用時の認証方式。PASSWORDは平文テキストのパスワード、MD5は鍵付きMD5によるメッセージダイジェスト、NONEは認証を行