コマンド操作

入力文字について

 半角英数字でコマンドを入力するようになります。コマンドに関しては、大文字でも小文字でもどちらを入力しても認識します。大文字、小文字が混在しても認識しますが、普通は、大文字が小文字のどちらかで入力するようになると思います。

 例えば、ファイルシステムを表示するコマンドに、「SHOW FILE」というコマンドがありますが、以下のように入力しても認識します。

SHOW FILE
show file
show FiLe

●SHOW FILE の出力結果

Manager > SHOW FILE

Filename            Device        Size     Created               Locks
-------------------------------------------------------------------------
86222-25.paz        flash         444332   01-Apr-2006 22:25:49    0
86s-222.rez         flash         2306208  01-Apr-2006 22:25:16    0
feature.lic         flash         39       20-Jun-2002 14:04:22    0
help.hlp            flash         105493   01-Apr-2006 22:26:00    0
prefer.ins          flash         64       01-Apr-2006 22:27:53    0
release.lic         flash         32       05-Apr-2002 22:28:11    0
accsave.acc         nvs           124      13-Dec-2006 21:21:41    0
random.rnd          nvs           3904     11-Dec-2006 23:24:58    0
-------------------------------------------------------------------------

●show file の出力結果

Manager > show FILE

Filename            Device        Size     Created               Locks
-------------------------------------------------------------------------
86222-25.paz        flash         444332   01-Apr-2006 22:25:49    0
86s-222.rez         flash         2306208  01-Apr-2006 22:25:16    0
feature.lic         flash         39       20-Jun-2002 14:04:22    0
help.hlp            flash         105493   01-Apr-2006 22:26:00    0
prefer.ins          flash         64       01-Apr-2006 22:27:53    0
release.lic         flash         32       05-Apr-2002 22:28:11    0
accsave.acc         nvs           124      13-Dec-2006 21:21:41    0
random.rnd          nvs           3904     11-Dec-2006 23:24:58    0
-------------------------------------------------------------------------

コマンド補完機能について

残念ながら、CentreCOM8624XLには、Cisco IOSのようなコマンドの補完機能がありません。

例えば、実行結果の確認や現在の設定を見るコマンドに「show」コマンドがありますが、Cisco IOSの場合、

sh[TAB] と入力すれば、

show と補完してくれますが、CentreCOM8624の場合

sh[TAB] と入力しても補完されません。

HELPコマンド

 コマンドラインで「HELP」と入力するとオンラインヘルプを参照することができます。HELPコマンドを使うと、忘れかけていたコマンドを思い出すのに重宝します。

Manager > HELP

9600/8600オンライン・ヘルプ - V2.2.2 Rev.AJ2 2001/09/11

ヘルプは次のトピックを説明しています。

HELP asynchronous 非同期コールコントロール、非同期ポート、TTY
HELP SWITCH レイヤー 2 スイッチコマンド
HELP VLAN VLAN コマンド
HELP VLANRELAY VLAN リレーコマンド
HELP STP スパニングツリープロトコルコマンド
HELP ETH イーサネットインタフェースコマンド
HELP GARP GARP コマンド
HELP PPP PPP(Point to Point Protocol)コマンド
HELP IP IP コマンド
HELP IP MULTICASTING IP マルチキャスト(DVMRP、PIM、IGMP)コマンド
HELP IPX IPX コマンド
HELP APPLETALK Appletalk コマンド
HELP OSPF OSPF コマンド
HELP terminal ターミナルサーバー
HELP BOOTP, NTP, GRE BOOTP リレー、NTP、GRE コマンド
--More-- (<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)

目的のコマンドが見つかったら、下のようにオプションの詳細を確認することができます。

Manager > HELP SWITCH PORT

9600/8600オンライン・ヘルプ - V2.2.2 Rev.AJ2 2001/09/11

スイッチポートコマンド:

ACTIVATE SWITCH PORT={port-list|ALL} {AUTONEGOTIATE}

ENABLE SWITCH PORT={port-list|ALL} [FLOW={JAMMING|PAUSE}[,{PAUSE|
JAMMING}]]
DISABLE SWITCH PORT={port-list|ALL} [FLOW={JAMMING|PAUSE}[,{PAUSE|
JAMMING}]]

SET SWITCH PORT={port-list|ALL} [ACCEPTABLE={ALL|VLAN}]
[BCLIMIT={NONE|limit}] [DESCRIPTION=description] [DLFLIMIT={NONE|
limit}] [INFILTERING={OFF|ON}] [LEARN={NONE|0|1..256]
[INTRUSIONACTION={DISABLE|DISCARD|NONE||TRAP}] [MCLIMIT={NONE|
limit}] [MIRROR={BOTH|NONE|RX|TX}] [SPEED={AUTONEGOTIATE|10MHALF|
10MFULL|100MHALF|100MFULL|1000MFULL}]

SHOW SWITCH PORT={port-list|ALL}
SHOW SWITCH PORT=port INTRUSION

RESET SWITCH PORT={port-list|ALL} [COUNTER]
SHOW SWITCH PORT[=port-list|ALL] COUNTER

 オンラインヘルプで十分な情報が得られない場合は、アライドテレシスのサイトからダウンロードできるユーザマニュアルやコマンドリファレンスを参考にしてみて下さい。

「?」キーについて

「?」キーを押すと入力可能なコマンドの一覧が表示されます。

プロンプト「Manager>」で、「?」を押してみましょう!

●「?」の出力結果

Manager >?

  Options : ACTivate ADD Connect CLear CREate DEACTivate DELete DESTroy
    DISable Disconnect  DUMPEDit ENAble FINGer FLUsh Help LOAd  MAILMODify
     PINGPURge REName Reconnect RESET RESTART SET SHow SSH STArt STop TELnet
    TRAce UPLoad LOGIN LOGON LOgoff LOgout

 太字に注目して下さい。コマンドをフルスペル、入力しなくとも大文字のところまで入力すれば、コマンドを認識します。コマンドのオプションを指定する際も、同様です。

Manager>ADD ?

と入力してみます。

Manager > add ? 

  Options : ACC ALIas APPletalk BOOTp DHCP DVMrp ENCo FIREwall FRamerelay GRE
    IP IPV6 IPX ISDN L2TP LAPD LOG MIOX NTP OSPF PIM PKI PPP RADius SA SCript
    SNmp SSH STP STReam SWItch STT TDM TPAD TRIGger TACacs USEr VLAN VLANRelay
    VRRp X25C X25T

 「ADD」に続くオプションの一覧が表示されます。ここでも、必要最低限のオプション指定の文字列が大文字で表示されます。CentreCOM8624では、1行に入力できる文字数が決まっているので、オプション指定が多いコマンドを入力する際には、この省略して入力することが重要になってきます。

 CentreCOM8624XLの場合、1行の文字数がスペースを含めて121文字という制限があります。この制限のため、長くなるコマンドに関しては、省略コマンドを駆使するようになります。省略しても1行に収まらない場合は、複数のコマンドに分けて入力するようになります。

下にコマンドを省略しない場合と、省略した場合の出力結果を載せていますが、同様に出力されています。

show interface
sh int

●show interface の出力結果

Manager > show interface

  Interfaces                                 sysUpTime:         00:01:03

  DynamicLinkTraps.....Disabled
  TrapLimit............20

  Number of unencrypted PPP/FR links.....0

  ifIndex Interface     ifAdminStatus ifOperStatus            ifLastChange
  ------------------------------------------------------------------------------
    1      port1            Up            Down                  00:00:00
    2      port2            Up            Down                  00:00:00
    3      port3            Up            Down                  00:00:00
    4      port4            Up            Down                  00:00:00
    5      port5            Up            Down                  00:00:00
    6      port6            Up            Down                  00:00:00
    7      port7            Up            Down                  00:00:00
    8      port8            Up            Down                  00:00:00
    9      port9            Up            Down                  00:00:00
   10      port10           Up            Down                  00:00:00
   11      port11           Up            Down                  00:00:00
--More--  (<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)

●sh int の出力結果


Manager > sh int

  Interfaces                                 sysUpTime:         00:01:03

  DynamicLinkTraps.....Disabled
  TrapLimit............20

  Number of unencrypted PPP/FR links.....0

  ifIndex Interface     ifAdminStatus ifOperStatus            ifLastChange
  ------------------------------------------------------------------------------
    1      port1            Up            Down                  00:00:00
    2      port2            Up            Down                  00:00:00
    3      port3            Up            Down                  00:00:00
    4      port4            Up            Down                  00:00:00
    5      port5            Up            Down                  00:00:00
    6      port6            Up            Down                  00:00:00
    7      port7            Up            Down                  00:00:00
    8      port8            Up            Down                  00:00:00
    9      port9            Up            Down                  00:00:00
   10      port10           Up            Down                  00:00:00
   11      port11           Up            Down                  00:00:00
--More--  (<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)

表示内容が複数ページになる場合

 先ほど、「show interface」と入力しました。一画面で表示できないので画面の最後に次のような表示が出ています。

--More-- (<space> = next page, <CR> = one line, C = continuous, Q = quit)

 Cisco機器に慣れている方は、操作に惑わないと思います。操作方法は、よく似ています。「space」を押すと、Ciscoの場合と同様に、次の画面までスクロールされ、「CR」を押すと、次の行が表示されます。