VPCとは

VPCとは

 Amazon Virtual Private Cloud(VPC)は、AWS上で仮想的なネットワークを構築するサービスです。VPCを使用すると、複数のAWSリソースを安全に接続し、IPアドレス範囲、サブネット、ルートテーブル、ネットワークゲートウェイなどを管理できます。以下に、VPCの主な機能を説明します。

  • カスタムIPアドレス範囲の定義
    VPC内で使用するIPアドレス範囲をカスタマイズできます。
  • パブリックとプライベートサブネットの作成
     VPC内にパブリックサブネットとプライベートサブネットを作成することができます。パブリックサブネットはインターネットに接続され、プライベートサブネットはインターネットから隔離されています。
  • インターネットゲートウェイの作成
     VPC内にインターネットゲートウェイを作成することができます。これにより、VPC内のリソースにインターネット経由でアクセスできます。
  • セキュリティグループの設定
     VPC内の各インスタンスにセキュリティグループを設定することができます。セキュリティグループは、インバウンドおよびアウトバウンドのトラフィックを制御するために使用されます。
  • ネットワークACLの設定
     VPC内の各サブネットにネットワークACLを設定することができます。ネットワークACLは、サブネット内のトラフィックを制御するために使用されます。
  • VPN接続の設定
     VPC内のリソースにVPN接続を設定することができます。これにより、オンプレミスのネットワークとVPCの間でセキュアな接続を確立できます。

 VPCは、AWS上で仮想的なプライベートネットワークを構築することができるため、セキュリティ上のリスクを軽減することができます。また、VPCを使用することで、柔軟性が高くスケーラブルなアプリケーションを構築することができます。

VPCに関する詳細な情報を以下に示します。

 AWS Virtual Private Cloud(VPC)は、AWSクラウド内の論理的に分離された仮想ネットワークです。VPCを使用すると、ユーザーは独自の仮想ネットワークを設定でき、AWSリソースのアクセスやネットワーク上のトラフィックを管理できます。VPCは、AWSクラウド上のオンプレミス環境に似たセキュリティと制御を提供します。

以下は、VPCの主な機能と利点です。

  • ユーザーが独自のIPアドレス範囲を定義できるため、AWS内でIPアドレスの衝突を回避できる。
  • サブネットを作成して、AWSリソースを論理的に分離し、セキュリティを強化できる。
  • ユーザーは、AWSリソースに対するアクセスを制御するために、セキュリティグループとネットワークACLを使用できる。
  • VPC Peeringを使用して、複数のVPC間でトラフィックをルーティングできる。
  • VPN接続を使用して、VPCとオンプレミス環境間で暗号化されたトンネルを確立できる。
  • Direct Connectを使用して、VPCとオンプレミス環境間で専用接続を確立できる。

 VPCは、AWSの多くのサービスで利用できます。たとえば、Amazon EC2、Amazon RDS、Amazon EMRなどのAWSリソースは、VPC内に作成することができます。また、AWSリソースにアタッチされるElastic IPアドレスや、VPC内で作成されるNATゲートウェイも利用できます。